1. 生命の再定義
    遺伝子情報に基づく適確医療に対する世間の注目が集まっているが、当初に期待したほどの成果をまだ挙げられていないことも確かだ。舌鋒鋭い批判で知られる腫瘍専門医のビナイ・プラサド准教授によれば、個別の遺伝子治療の利点が誇張されることで、公衆の誤解を招き、ひいては患者の不利益になっているという。 Stephen S. Hall2年前
  2. 生命の再定義
    DIY遺伝子療法キットは「違法」、 FDAとバイオハッカーが対立
    遺伝子編集のための強力な手法であるCRISPR(クリスパー)が広まるにつれて、スタートアップ企業などによる手作り(DIY)遺伝子治療薬を自己投与する事例が相次いでいる。米国食品医薬品局は安全性リスクなどを懸念して警告を出しているが、事実上、無視されている。 Emily Mullin3年前
  3. 生命の再定義
    FDA、個人向けのDNA検査の通知を条件付きで解禁
    FDAは、遺伝子検査会社の23andMeに対して、遺伝子検査の結果を個人に直接知らせることを認めると発表した。治療内容を決めるには雑な検査だったため、2013年に販売禁止が命じられていた。 Emily Mullin4年前
  4. 生命の再定義
    トランプ政権、安全性のみの審査で医薬承認を迅速化?
    トランプ政権は、新薬承認の迅速化のため、薬の効果に関係なく、安全性だけの審査を主張している人物を規制当局の責任者にするかもしれない。薬の効果は、レストランガイドのように、民間任せでよい、と考えているのだ。 Emily Mullin4年前
  5. コネクティビティ
    情報公開請求でわかったアップルの長期的医療戦略
    FDAとの密接なコミュニケーションは、アップルが医療機器の開発に多額の投資をしている一方で、その開発を急いでいないことを示している。 Jamie Condliffe4年前
  6. 生命の再定義
    生理食塩水を使わない乳房再建装置エアロフォームが年内承認へ
    FDAの承認を待つ、組織拡張用の遠隔制御の無針装置。 Emily Mullin4年前
  7. 生命の再定義
    米デザイナーベビー規制
    ミトコンドリア病治療も禁止
    遺伝子編集を禁止する連邦議会の規制により、重篤な症状をもたらすミトコンドリア病を治療する遺伝子編集の臨床試験まで規制された。 Mike Orcutt5年前
  8. 生命の再定義
    オバマ政権が推進の先端医療
    実現できない4つの理由
    患者別の治療も薬は高価で科学はまだそこまで進歩していない。 Mike Orcutt5年前
  9. 生命の再定義
    米国が進める患者別医療
    データベース構築で前進
    ホワイトハウスは、巨大新データベースにより、遺伝子検査の精度が高まり、患者別医療の成功が約束されると述べた。 Mike Orcutt5年前
  10. 生命の再定義
    関節炎もアルツも治る?
    幹細胞治療の怪しい実態
    幹細胞治療のために米国外に行く必要はなくなったのは、効果が未検証で危険かもしれない治療行為が米国内で不法に提供されるようになったからだ Ryan Cross5年前