KADOKAWA Technology Review
×
How Politics Could Put the Reliability of Future Elections at Risk

米議会、脆弱性を抱える投票機の更新を所管する組織を解体へ

米国議会で、脆弱性を抱える投票機の更新等を所管する選挙支援委員会を解体する法案が委員会を通過した。2020年の大統領選挙で、ハッカーによる妨害等に対処できなくなる可能性がある。 by Mike Orcutt2017.02.23

米国議会には選挙のセキュリティ問題を解決する政治的意思がなく、2020年の大統領選では昨年秋と同様、投票機投票者のデータベースがハッカーに狙われる危険性が高い。

選挙のセキュリティと信頼性の推進派によると、共和党のリーダーが米下院に最近提出した法案のせいで、重要な投票テクノロジーの全国的な更新が2020年の選挙までに間に合わない可能性がある。

今月、下院管理委員会での採決の結果、選挙支援委員会(EAC)を解体する法案が可決された。法案の発起人であるグレッグ・ハーパー議員(ミシシッピ州)のによると、EACは「設立から時間がたって役立たず」になっており、解体により、1400万ドルの税金が節約できる見通しだという。(議会調査局によると、議会は2016年予算で960万ドルをEACに与えた

解体法案の反対派は、EACはむしろ今こそ必要だという。EACを解体すれば、先行きが不透明になり、投票機の業者や州の選挙当局が混乱し、古くなった機械の更新が遅れてしまうという。

米国の選挙用テクノロジーの状況はよくない。超党派的な大統領選挙管理委員会の警告によると、米国の投票機の大半はあと10年程度で寿命を迎える見通しだ。ニューヨーク大学ブレナン司法センターによると、2015年には43州が10年以上経過したシステムを使っていた。システムが古いほど、ソフトウェアの脆弱(ぜいじゃく)性が放置されやすい。多くの州が使っているテクノロジーでは、いまだに紙の記録を作れず、集計結果を二重チェックができない。研究者が何度も指摘しているように、少なくともいくつかの機種はハッカーからの攻撃に対して脆弱だ。

「EACはこの問題に対処する上でとても重要な役割を担っています」とブレナン司法センター・民主主義プログラム(Democracy Program)担当ディレクターのウェンディ・ワイザーとワシントン支部長のニコール・オースティン・ヒラリーは、下院管理委員会の幹部に宛てた書簡で述べている。47州が投票設備についてEACの技術基準に従っている。EACは新基準を検討しているところで、新しい安全な投票設備を州が購入できるように取り組んでいる。

米国議会は、2002年にジョージ・W・ブッシュ大統領が投票支援法(HAVA)に署名したことで、EACを設置した。アル・ゴア候補と戦った2000年の大統領選で、得票数の集計にトラブルが生じたことへの対応だった。投票支援法によって、州が時代遅れの投票システムを取り換えるために20億ドルが確保された。EACの任務は、新しい投票設備のための技術的な基準を設定することだった。

憲法では、選挙に関しては州に権限が与えられている。連邦政府にどれくらい投票テクノロジーの権限を与えるかについては意見が割れており、イデオロギーの問題も含んでいる。しかし、EACが基準を設定することの重要性は党派を超えて認めるべきだ、と選挙用テクノロジーを研究する非営利団体オープンソース選挙テクノロジー研究所(Open Source Election Technology Institute)の共同創設者グレゴリー・ミラーは主張する。選挙は国家の安全保障に関わる問題だとミラーはいう。国家規模の選挙では「投票機の性能の一貫性を確保するために、基準を統一する必要があります」

ミラーによれば、もし議会がEACを解体するつもりなら、別な手段で新基準を完成させ、業者や州ができるだけ速やかに対応できるようにする必要があるという。「もちろん、やるべき仕事をすべて奪った上で、それをゴミ箱に捨ててしまうなんてことはあり得ませんよ」

人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  3. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  4. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
タグ
クレジット Photograph by Joe Raedle | Getty
マイク オルカット [Mike Orcutt]米国版 准編集者
暗号通貨とブロックチェーンを担当するMITテクノロジーレビューの准編集者です。週2回発行しているブロックチェーンに関する電子メール・ニュースレター「Chain Letter」を含め、「なぜブロックチェーン・テクノロジーが重要なのか? 」という疑問を中心に報道しています。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  3. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  4. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る