KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!
NASAコンペに見る
宇宙食の未来
「息」で作るアイデアも
Interstellar Lab
宇宙 無料会員限定
Future space food could be made from astronaut breath

NASAコンペに見る
宇宙食の未来
「息」で作るアイデアも

NASAは今後の長期ミッションに備えて、宇宙旅行中に持続可能な次世代宇宙食を開発するコンペティションを開催している。有望な案を3つ、紹介しよう。 by Jonathan O'Callaghan2023.05.22

宇宙食の未来は、シンプルかつ非常に奇妙なものになるかもしれない。宇宙飛行士の息で作ったプロテインシェイクとか、菌で作ったハンバーガーとかだ。

何十年もの間、宇宙飛行士は地球を離れる間の食事を、主にパッケージされた食品や、時には宇宙で栽培されたレタスなどに頼ってきた。だが今や、地球周回軌道を超えるミッションも視野に入る中、米国航空宇宙局(NASA)主導のコンペティションが、こうした状況をすべて一変させ、持続可能な宇宙食への新時代を切り開こうとしている。

「現在、国際宇宙ステーション(ISS)で使用されているパッケージ食品の賞味期限は1年半です」とフロリダ州のNASAケネディー宇宙センターで宇宙作物生産のシニアプロジェクトマネージャーを務めるラルフ・フリッチェは言う。「現時点では、火星へのミッションを実際に賄える食料システムはありません」。月へのミッションでも長期のものには同様の問題がつきまとうだろう。

人類が火星に到達するにはまだしばらくかかるかも知れないが、月に関してはもうあれこれ計画されている。来年、NASAは4人の宇宙飛行士を打ち上げ、月を周回させる予定だ。これはアルテミス計画の一環で、1972年アポロ17号以来の初めての月への有人ミッションとなる。NASAの目標は、2020年代後半に再び人類を月面着陸させることであり、最初は一度に数日間だが、やがては数週間、数カ月、あるいはもっと長期のミッションを目指している。

長期ミッションでの宇宙飛行士の食事問題を解決するために、NASAは2021年1月、「ディープ・スペース・フード・チャレンジ(Deep Space Food Challenge)」なるものを開始し、将来のミッションに向けた持続可能な食品開発の斬新なアイデアを提案するよう企業に要請した。約200社がエントリーし、2023年1月に第2フェーズへと進む中で11チームに絞り込まれ、米国の8チームにそれぞれ2万ドルの資金が与えられ、追加で3つの国際チームも認定された。2023年5月19日、NASAはコンペティション最終段階へと進出するチームを発表することになっている(日本版注:第2フェーズにおいて勝利した8チームはこちら)。今後さらに、各社の提案内容を詳細に検証したのち、2024年4月には一握りの勝者が発表される。

「第2フェーズはある種、キッチンレベルのデモンストレーションでした」とアラバマ州のNASAマーシャル宇宙飛行センターでプロジェクトマネージャーを務めるアンジェラ・ハーブレットは言う。 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
【春割】実施中! ひと月あたり1,000円で読み放題
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る