KADOKAWA Technology Review
×
【3/14】MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催 申込受付中
人工培養肉に米国で初の販売許可、レストランで提供へ
Upside Foods
Two companies can now sell lab-grown chicken in the US

人工培養肉に米国で初の販売許可、レストランで提供へ

ラボ培養肉を生産する2社が米国で初めて、規制当局から販売承認を受けた。両社はまずレストランへの販売を開始し、その後小売を目指す。今夏の終わりにはカリフォルニア州のバーで提供されるようになる。 by Casey Crownhart2023.06.26

初のラボ培養、つまり実験室で作られた食肉が米国での販売承認を受けた。

カリフォルニア州に本社を置くアップサイド・フーズ(Upside Foods)イート・ジャスト(Eat Just)の両社は、米国農務省(USDA)から6月21日に検査合格の通知を受けた。これは、各企業が米国で商業生産と販売を開始するために必要な最終承認だ。

畜産業は人間による世界の温室効果ガス排出量のほぼ15%を占める。排出量削減の可能性のある代替品を市場に投入しようと取り組む企業が増えている。

現在市場に出回っている代替肉のほとんどは植物を使って作られたものだ。アップサイド・フーズやイート・ジャストなどの培養肉会社は、代わりにバイオリアクターで培養された動物細胞を使って製品を製造する。生きた動物から組織サンプルを分離し、その細胞を研究室で増殖させる。これらの細胞が成長して増殖すれば食品に加工できる。

シンガポールは培養肉を承認した最初の国で、2020年にはイート・ジャストの培養肉部門であるグッド・ミート(Good Meat)に培養鶏肉の販売を許可した。イート・ジャストは2011年に設立され、卵の代替品を含む植物ベースの製品も製造している。

6月21日の一連の承認は、この種のものとしては米国初だ。

「アイデアが産業になるのを見るのは素晴らしいことです」。アップサイド・フーズの製品および規制担当副社長を務めるエリック・シュルツは言う。アップサイド・フーズは2015年にメンフィス・ミーツ(Memphis Meats)として設立され、それ以来技術開発を進め、規制当局の承認を得るために取り組んできた。

米国食品医薬品局(FDA)と米国農務省はいずれも米国の食肉規制について権限を持っている。2022年11月、アップサイド・フーズはFDAから食品に関する最終承認となる「質問なしの書簡」を受け取った。イート・ジャストは2023年3月にFDAの承認を受けた。

6月に農務省は両社のラベルを承認し、これにより両社は「細胞培養チキン」という名称で製品を販売できるようになった。21日のゴーサインは検査の合格通知で、これにより両社は生産施設の稼働を開始できる。これらすべての承認を得て、アップサイド・フーズとイート・ジャストは製品を製造して一般向けに販売できるようになったわけだ。

米国の規制当局から承認を得ることは業界にとって大きな節目だと、アップサイド・フーズに投資した最初のベンチャーキャピタル、SOSVのゼネラルパートナーであるポー・ブロンソンは言う。「食品が安全であることを確認するのは非常に重要です。それは絶対に必要であり、それがなければ将来の産業は存在しないでしょう」。

両社はまずレストランへの販売を開始し、その後小売り販売に移行する予定だ。イート・ジャストの培養鶏肉は、最初にワシントンD.C. の非公開レストランで販売される。シュルツ副社長によれば、カリフォルニア州の試験施設で生産しているアップサイドの製品は夏の終わりまでにサンフランシスコのレストラン、バー・クレン(Bar Crenn)で入手できるようになるはずだ。

「信じられないほど歴史的な瞬間です。次の大きなハードルは規模拡大です。率直に言って、それこそが重要なのです」(シュルツ副社長)。

人気の記事ランキング
  1. The world’s most famous concert pianos got a major tech upgrade 自宅で巨匠の演奏を、スタインウェイ新技術が拓く未来の音楽体験
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #27 MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催のご案内
  3. Watch this robot as it learns to stitch up wounds AIロボットが縫合技術を習得、6針縫うことに成功
  4. OpenAI teases an amazing new generative video model called Sora 動画でも生成革命、オープンAIが新モデル「Sora」を発表
  5. People are worried that AI will take everyone’s jobs. We’ve been here before. 生成AIは雇用を奪うのか? MIT学長が書いた 85年前の記事に学べること
ケーシー・クラウンハート [Casey Crownhart]米国版 気候変動担当記者
MITテクノロジーレビューの気候変動担当記者として、再生可能エネルギー、輸送、テクノロジーによる気候変動対策について取材している。科学・環境ジャーナリストとして、ポピュラーサイエンスやアトラス・オブスキュラなどでも執筆。材料科学の研究者からジャーナリストに転身した。
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. The world’s most famous concert pianos got a major tech upgrade 自宅で巨匠の演奏を、スタインウェイ新技術が拓く未来の音楽体験
  2. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #27 MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催のご案内
  3. Watch this robot as it learns to stitch up wounds AIロボットが縫合技術を習得、6針縫うことに成功
  4. OpenAI teases an amazing new generative video model called Sora 動画でも生成革命、オープンAIが新モデル「Sora」を発表
  5. People are worried that AI will take everyone’s jobs. We’ve been here before. 生成AIは雇用を奪うのか? MIT学長が書いた 85年前の記事に学べること
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る