KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!
気候テック15:電池の革新でEV世界トップ級に躍り出たBYD
BYD
気候変動/エネルギー Insider Online限定
2023 Climate Tech Companies to Watch: BYD and its affordable EVs

気候テック15:電池の革新でEV世界トップ級に躍り出たBYD

MITテクノロジーレビューが選ぶ「気候テック企業15」の1社であるBYD(比亜迪)は、低価格で安全なリン酸鉄リチウム電池技術で優位性を発揮。手頃な価格で多様な電気自動車を市場に提供している。 by Zeyi Yang2023.10.19

BYDは、携帯電話の電池や低価格のガソリン車を製造していた時代から大きな進展を遂げた。今や、世界トップの電気自動車(EV)メーカーとして、手頃な価格の電気自動車を生産し、中国の車購入者の巨大かつ多様な市場に実用的な選択肢を提供している。電気バスの製造も手掛け、車両は70以上の国で採用されている。世界のプラグイン・ハイブリッド市場でも他社を圧倒している。

BYDの成功の要因は、リン酸鉄リチウム(LFP)電池技術での優位性にある。従来、LFP電池はニッケル・マンガン・コバルト(NMC)電池よりも蓄電できる量が少なかった。NMC電池は、数年前に生産されたEVの95%に使用されている。BYDのLFP電池、特にオリジナル製品の「ブレードバッテリー(刀片電池)」は、部品数を減らしながらも同一空間のセル数を増やした新たな構造で蓄電量が少ないという問題を解決した。しかも、LFP電池はNMC電池と比べて安全性が高く、価格が安い。

BYDは時間をかけて、EVのサプライチェーンを作り変えた。重要な鉱物の採掘から車に使用する半導体の設計に至るまで、すべてを自社で手掛け、競合社に製品販売もしている。深センに本社を置く同社から、今ではテスラ(Tesla)もバッテリーを購入しているのだ。

基本データ

潜在的なインパクト

世界全体で化石燃料から脱却するに …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
【春割】実施中! ひと月あたり1,000円で読み放題
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る