KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Machine Learning Opens Up New Ways to Help Disabled People

機械学習と人工知能は障害者をどう支援できるか?

機械学習や人工知能は障害者をどう支援できるのか? 画像や音声、言語を認識できるソフトウェアは、聴覚障害や自閉症を抱える人の支援ツールとして、あらゆる方法で活用されている。 by Tom Simonite2017.03.27

米国連邦通信委員会(FCC)の規則では、テレビ局が聴覚障害や難聴の視聴者向けに、会話や効果音、笑い声といった観客の反応などを字幕表示するよう定めている。YouTubeはこの規則の適用対象ではないが、グーグルの機械学習テクノロジーのおかげで、現在は同様のサービスが提供されている。

ユーチューブは2009年以来、音声をテキスト化するソフトウェアでビデオに字幕を自動表示させている(1日あたり1500万ユーザーが利用)。YouTubeは現在、拍手や笑い声、音楽を字幕表示できるアルゴリズムにまで手を広げている。こうした機能を実現する基礎テクノロジーは、ため息や動物の鳴き声、ドアのノック音といった雑音まで認識できるため、もっと多くの音声も表示できる。

ユーチューブによると、ユーザーテストの結果、音声をテキスト化する機能のおかげで聴覚障害や難聴のユーザー(勤務中などで動画の音量を上げられないユーザーも)が、動画をより楽しめるようになったと判明した。ユーチューブのリアト・カウェル製品マネージャー(聴覚障害者)は「私のようにある状況では介助が必要な障害者でも、機械学習のおかげで健常者と同等に自分ひとりで過ごせるようになりました」という。

YouTubeのプロジェクトは、機械学習の性能や実用性を向上することで新たなアクセシビリティ・ツールを開発するさまざまな研究のひとつだ。コンピューター業界では、広告や検索サービス、クラウド・コンピューティングといった分野からの利益を主な原資に、画像やテキスト、音声を認識できるソフトウェアを開発している。しかし、世界を理解できる能力のあるソフトウェアには、もっといろいろな使い道がある …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント