KADOKAWA Technology Review
×
Protein Hints at a Fountain of Youth in Blood

若返りのたんぱく質をついに発見か?

血液を若返らせる可能性があるタンパク質として「オステオポンチン(OPN)」が単離された。アンチエイジング研究には決定的な手法がなかったが、期待を持たせる研究結果だ。 by Michael Reilly2017.03.29

細胞を若返らせる可能性がある新たなタンパク質が単離された。この物質が、ある種の老化作用をついに確実に防げるのか、今後の検証の始まりでもある。

ニュー・サイエンティスト誌によると、老齢のマウスは「オステオポンチン(OPN)」というタンパク質の濃度が低く、このマウスに幹細胞を注入してもすぐに老化した、と研究者の実験で発見された。逆に老化した幹細胞をオステオポンチンの入ったシャーレに浸したところ、幹細胞は若返ったように見えたという。この研究を手がけた研究チームは現在「老化した血液を再び若返らせる(make old blood young again=トランプ大統領の「Make America Great Again」のもじり)」を掲げて、高齢者の免疫システムを高められる医薬品を開発している。

問題は、簡便な一時調査の結果と臨床的に有効な医薬品の効果は大きく異なり、特に老化対策の分野では違いが顕著なことだ。数年前、科学者や社会全体を騒がせた実験では、年老いたマウスと若いマウスに外科手術を施し、循環系システムを共有できるよう体を結合させたところ、年老いたマウスには、若返りの兆候が数多く見られたというのだ。寿命を伸ばすカギは、若い血液にあるように思われた。

その後も複数の実験が実施されたが、なんと説明すればいいやら、結果はまちまちだ。ある実験では、老化した血液は若いマウスにとって悪影響があると判明した一方、若い血液は年老いたマウスに特に効果がなかったこともわかった。こういう結果があるにせよ、当初の実験結果をもとに生まれたのがシリコンバレー式の治療法だ。スタートアップ企業のアンブロシアに8000ドルを支払えば、2リットル分の若者の血漿がもらえる。アンブロシアの創業者は臨床試験として宣伝しているが、詐欺まがいのビジネスともいわれている。

結局のところ、若返り作用のある若い血液がどんなものかは不明で、若返りの難題の一番重要なカギが血液なのかもわかっていない。ソーク研究所の研究者チームは昨年、マウスの遺伝子を操作して、成熟細胞が若返えると判明している遺伝子のコピーを複数作り、成熟細胞に形質転換を起こし、胚細胞に似たような物質にした。こうした遺伝子の発現を操作することで、研究者はマウスの寿命を通常より30%伸ばすことに成功した。

若返り作用の研究には諸説あるが、だからといってオステオポンチンの効果を発見した研究者が研究を続けるのは間違っていない。我々が信じるように老化が防げることを示す、非常に面白いなんらかの現象が起きているのは明らかだ。オステオポンチンの研究を進める研究者や他の多くの研究者が突き止めようとしている問題は、この何らかの現象とは何かということだ。

(関連記事:New Scientist, The New York Times, “若い血液に若返り効果? 料金は1回8000ドル,” “マウス実験で若い血液にアンチ・エイジング効果?”)

人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
タグ
クレジット Photograph by Bruce Wetzel and Harry Schaefer | Wikimedia
マイケル レイリー [Michael Reilly]米国版 ニュース・解説担当級上級編集者
マイケル・レイリーはニュースと解説担当の上級編集者です。ニュースに何かがあれば、おそらくそのニュースについて何か言いたいことがあります。また、MIT Technology Review(米国版)のメイン・ニュースレターであるザ・ダウンロードを作りました(ぜひ購読してください)。 MIT Technology Reviewに参加する以前は、ニューサイエンティスト誌のボストン支局長でした。科学やテクノロジーのあらゆる話題について書いてきましたので、得意分野を聞かれると困ります(元地質学者なので、火山の話は大好きです)。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る