KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Apple’s AI Director: Here’s How to Supercharge Deep Learning

アップルAI研究所長「深層学習をさらに強化する方法がある」

アップルのAI研究を率いるルスラン・サラクトゥディノフ所長は、新手法により、AI分野で最も人気がある深層学習の性能はさらに高められる、という。 by Will Knight2017.03.31

アップルのAI研究を率いるルスラン・サラクトゥディノフ所長は、近年目覚ましい結果を出した多層ニューラル・ネットワークは、今後数年でさらに記憶や注意、そして一般常識の能力を伸ばすと信じている。

3月28日、MIT Technology Reviewがサンフランシスコで開催したEmTech Digitalカンファレンスで講演したサラクトゥディノフ所長は、今後進展する人工知能の能力は、AI分野の未解決問題のいくつかを解決する助けになるだろう、と述べた。

カーネギーメロン大学(ピッツバーグ)の準教授を兼務するサラクトゥディノフ所長は、講演で、深層学習に基づくマシン・ビジョンと自然言語理解の限界について話した。

深層学習(大ざっぱに言えば、脳を模して、膨大な数のニューロンを相互接続し、無数の層状に配列化した技術)は、機械による知覚分野で、過去数年、劇的な進歩を遂げてきた。だが、多くの点で入ラル・ネットワークには限界がある。

たとえばサラクトゥディノフ所長は、深層学習に基いて画像にキャプションを付けるシステムは、画像にあるもの全てに重点を置く傾向のせいで、どのように間違ったラベル付けをしてしまうかを説明した。さらにサラクトゥディノフ所長は、いわゆる「注意メカニ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント