KADOKAWA Technology Review
×
【締め切り迫る!1/20まで】年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!
リチウム価格急騰で、ネバダ州に「リチウム・ラッシュ」
The Rush for Lithium Is On in Nevada

リチウム価格急騰で、ネバダ州に「リチウム・ラッシュ」

リチウムの価格が急騰している。スマホなどの携帯機器向けから、電気自動車や蓄電にまで用途が拡大し、供給が需要に追いついていないのだ。そこで注目されているのが、リチウムを豊富に含む地下水がある、ネバダ州の渓谷だ。 by Jamie Condliffe2017.03.31

金、銀、銅はこの際どうでもいい。今起きているのは「リチウム・ラッシュ」だ。

リチウムは、ほとんどの携帯機器の電力源であるリチウム・イオン電池に不可欠の材料であり、リチウムの需要は今後も高まるばかりだ。毎週のようにリチウム以外を使った高性能次世代電池のニュースを目にするが、実際には新型電池がすぐに大量生産され、市販できるわけではなく、今後しばらくはリチウム電池が使われ続ける。

現代社会では電話やコンピューターだけでなく、電気自動車や送電網に接続するような大規模の蓄電にまでリチウム・イオン電池の用途は拡大しており、リチウム電池の製造にはリチウムをもっと採掘する必要がある。もっと広い視点でいえば、クリーン・エネルギーの未来ですら、リチウム頼みだ。

リチウム・イオン電池の材料には、黒鉛やコバルト等の金属もある。MIT Technology Reviewは以前、先進国で「クリーン」なイメージのある電池の材料を確保するために、発展途上国では健康被害を伴う形で資源が採掘されていることを記事にした。鉱山労働者は命を危険にさらして働いており、記事を読めば、どんなハイテク好きでも、ラッディズム(機械に反対すること)が頭をよぎるだろう。

一方、リチウムそのものも問題に直面している。リチウムの大半は従来、オーストラリアやチリ、アルゼンチン、中国で採掘されていた。しかし現在、世界の需要を支える産出国は、リチウムを十分に供給できずにおり、リチウム価格はここ数年で2倍以上高騰している。また、リチウム取引の長期保証契約の場合、価格は従来の4、5倍にもなる。

ブルームバーグによると、採掘業者は別の場所に目を付けている。19世紀半ばに銀鉱脈が発見されて人口が急増し、ユタ準州から分離、1864年には米国36番目の州に昇格し「シルバー・ステート」の別名があるネバダ州だ。ただし、現在の採掘業者が注目しているのは、リチウムを豊富に含むクレイトン・バレーの地下水だ。価格が急騰し、採掘コストがかけられるようになったため、クレイトン・バレー一帯の帯水層を掘削し、巨大なプールにため、プール内の水を蒸発させてリチウム塩を取り出そうというのだ。

ブルームバーグによれば、最近6社以上のスタートアップ企業がクレイトン・バレーでのリチウム掘削に乗り出しており、リチウム高騰の波に乗って一儲けしようと躍起になっている。だが、岩石から採掘するのとは異なり、蒸発でリチウムを採集するのは巨大プールで大規模な化学実験をするようなもので、難しい。特に、蒸発で水分を取り除く工程は扱いが難しく、やり方を間違えれば、誰も買いたがらない低品質の結晶が作り出される。

だが、困難を克服できれば、ネバダ州は電池が多用される社会に移行するのに欠かせない原材料の新たな産出地になる。19世紀半ばにカリフォルニア州でゴールド・ラッシュが起き、鉄道の中継拠点としてラスベガス(ネバダ州最大の都市)が栄えた頃より、ずっと大きな価値をもたらすだろう。

(関連記事:Bloomberg, “電池のイノベーション うまくいかない本当の理由,” “コンゴの炭鉱労働者 自宅の床でコバルトを掘る,” “コロンビア革命軍:コカインよりスマホメーカーに金を売った方が儲かる”)

人気の記事ランキング
  1. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  2. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  3. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  4. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
タグ
クレジット Photograph by Doc Searls | Flickr
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  2. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  3. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  4. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る