KADOKAWA Technology Review
×
This Dryer Blasts Water Out of Fabric with Sound Waves

GEアプライアンス、音で乾かす超音波乾燥機を製品化?

米国のオークリッジ国立研究所(エネルギー省管轄の研究機関)が開発した音で乾かす超音波乾燥機を、GEアプライアンスがプレス型乾燥機(業務用の乾燥機)として製品化するかもしれない。熱より効率的に水分を除去できる。 by Jamie Condliffe2017.04.21

熱で乾かすことは忘れよう。洗濯物を乾燥させたいなら、大音量がいい。少なくともオークリッジ国立研究所(米エネルギー省管轄の研究機関)の研究室はそう考えている。オークリッジ国立研究所の研究者は、高温で乾かす従来方式に比べて、はるかに消費電力が少ない超音波式の衣類乾燥機を開発中だ。

あえて調べるまでもなく、衣類乾燥機が電気を大量に使うことは知っているだろう。天然資源保護協議会が2014年に発表した報告書によれば、一般的な家庭用乾燥機は、冷蔵庫や食器洗い機、洗濯機、洗濯乾燥機と同様、年間で見て、大量の電気を使っている。米エネルギー省のエネルギー統計情報局によると、乾燥機は全米の家庭の電気消費量の4%を占める。

ここ数年、生地から水分を取り除く新方法を開発しているオークリッジ国立研究所のアイユーブ・モメン研究員はこの問題を見逃さなかった。モメン研究員の構想は、ドラムに圧電型の超音波変換器を並べ、熱ではなく高周波の音で洗濯物を乾かす衣類乾燥機を作ることだ。

映像からわかるように、生地から出た小さな水滴を超音波で振動させ、微細な霧を作るのが基本的な仕組みだ。一般的な乾燥機と同様、霧はドラムの周囲に吸い寄せられ、排水される。

モメン研究員のチームが開発した試作品では、実際にうまく乾燥できるようだ。研究チームが組み立てた実物大の乾燥機は、入れすぎない程度の洗濯物を20分で乾燥でき、50分かかる一般的な乾燥機よりも早かった。試作した乾燥機の電力消費量は通常の70%だった。

うれしいことに、試作品は研究のままで終わらない。プロジェクトはGEアプライアンスと共同で実施され、現在プレス型乾燥機にこの手法を導入する計画がある。将来的には、一般的なドラム式乾燥機に採用することも検討中だ。大音量で洗濯物を乾かす日は近いかもしれない。

(関連記事:Office of Energy Efficiency & Renewable Energy, BBC

人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
タグ
クレジット Image courtesy of Oak Ridge National Laboratory
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る