1. 生命の再定義
    カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究者が、皮膚に張り付けるだけで、中心血圧を継続的に測定できるパッチを開発した。センサー付カテーテルなどに比べると人体に対する侵襲性が極めて低いパッチを使用することで、心臓などの臓器の状態をはるかに容易にモニターできるようになる可能性がある。 Rachel Metz2年前
  2. 持続可能エネルギー
    GEアプライアンス、音で乾かす超音波乾燥機を製品化?
    米国のオークリッジ国立研究所(エネルギー省管轄の研究機関)が開発した音で乾かす超音波乾燥機を、GEアプライアンスがプレス型乾燥機(業務用の乾燥機)として製品化するかもしれない。熱より効率的に水分を除去できる。 Jamie Condliffe4年前
  3. コネクティビティ
    日本の「見守り」系機器をラズパイで実現する超音波分析ソフト
    ハッキリ言って、これで最新?と言いたくなる米国版の見守り系テクノロジーの紹介記事だ。日本のテクノロジーが先を行きすぎていたこと、発表のタイミングを誤ると世界市場の文脈に当てはまらず、見向きされないことがわかる。 Rachel Metz4年前
  4. コネクティビティ
    追加ハードなし!ソナーで操作できるスマホを中国の研究者が開発
    iPhoneの内蔵マイクとスピーカーは、通話だけでなく、もっと多くのことに使える。 Jamie Condliffe4年前