KADOKAWA Technology Review
×
エネルギーベンチャーの研究者に合計1800万ドルの資金
Ken Richardson
Berkeley Lab Incubator Champions Neglected Energy Entrepreneurs

エネルギーベンチャーの研究者に合計1800万ドルの資金

米国エネルギー省の研究開発プログラム「サイクロトロン・ロード」に、新たに10人の研究者が採択された。2年間の俸給と施設利用権、資金を与えられ、民間では追求しにくい持続可能エネルギーの要素技術を研究する。 by James Temple2017.04.27

エネルギーベンチャーの事業化に関わる人々にとって、今は厳しい時代だ。連邦政府が研究予算の削減をすすめているばかりか、多くのベンチャー・キャピタリストまでこの分野から手を引いている。そうしたなかで、エネルギー起業家の頼みの綱はサイクロトロン・ロード(Cyclotron Road、ローレンス・バークレー国立研究所による、フェローシップ事業とスタートアップ企業振興策の中間的なプログラムで、初期段階にある科学から優れた企業が生まれるように創設された)だ。

米国エネルギー省が資金を提供するプログラムは、水曜日に10人の新採択者を発表した。マリーゴールドパワー共同創業者で、マサチューセッツ工科大学で太陽熱光起電力の先駆的な研究をしたデビッド・ビアマン(「2017年版ブレークスルーテクノロジー10:」参照)、マイクロバイア創業者のサラ・リチャードソン(バークレー研究所の元研究フェローで、主にバクテリア工学で効率的にバイオ燃料等の製品を作り出す研究をしていた)、アストリルークスの創業者スプリヤ・ジェイズウォール(オックスフォード大学とバージニア大学の学位を持つ物理学者で、次世代の半導体を開発中)といった人物だ。

サイクロトロン・ロード(Cyclotron Road)が創設されたのは3年前で、学術研究と産業の橋渡しをして、芽生えつつある多くのアイデアが「死の谷」を生き残るために、技術的に困難な課題に挑む科学者を支援する目的で始められた。研究者には2年間の棒給とバークレー研究所の設備や研究中の助言などが与えられる。

最初の年は6つのプロジェクトが追加の研究費として合計1800万ドルの資金または民間投資を獲得した。イリノイ州のアルゴンヌ国立研究所とテネシー州のオークリッジ国立研究所も最近同様のプログラム発表した。

業界関係者の多くが、持続可能エネルギー・システムの実現にはバイオ燃料やエネルギー貯蔵、再生効率、送電網テクノロジーの進歩が欠かせないという。さらに研究のために使われる連邦予算は数十年にわたって減少しており、企業の研究投資も減少している。同様に、ベンチャーキャピタル業界は5年サイクルでの確実なリターンが求められ、クリーンエネルギーのスタートアップは巨額の先行投資とかなりの技術的な課題を伴うため、リスクに見合う成果を十分上げられてはいない。

サイクロトロン・ロード創設者のイラン・グール(コースラ・ベンチャーズの支援を受けて設立したバッテリー系スタートアップをボッシュに売却した人物)がいうには、このプログラムは有望なエネルギー研究者に自分たちのテクノロジー開発のために必要な追加の時間を提供し、資金提供者を探したり、資金面で生じるあらゆる制約に対処するためにある。

「私たちは研究者に仕事を与えているのではありません。2年間の終わりに採択者には出て行ってもらいます」と元米国エネルギー省(DOE)のエネルギー先端研究計画局のプログラム担当ディレクターのグールはいう。「しかし、もし彼らが期間中に自分たちのアイデアを実現できたら、そのテクノロジーを市場に投入するのは賢いやり方といえるでしょう」

人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
ジェームス・テンプル [James Temple]米国版 エネルギー担当上級編集者
MITテクノロジーレビュー[米国版]のエネルギー担当上級編集者です。特に再生可能エネルギーと気候変動に対処するテクノロジーの取材に取り組んでいます。前職ではバージ(The Verge)の上級ディレクターを務めており、それ以前はリコード(Recode)の編集長代理、サンフランシスコ・クロニクル紙のコラムニストでした。エネルギーや気候変動の記事を書いていないときは、よく犬の散歩かカリフォルニアの景色をビデオ撮影しています。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る