KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Real or Fake? AI Is Making It Very Hard to Know

映像だって証拠にならない
AIの「ねつ造」は見破れるか?

本物そっくりの映像を作成したり、他人になりしましたりできるテクノロジーが次々と登場している。映像や音声が証拠にならない時代がやってくるのだろうか。 by Will Knight2017.05.10

フェイクニュースは近い将来、音声や映像にまで広がるかもしれない。

強力な機械学習(「人類に残された、 AIを信用しない、 使わない、という選択肢」を参照)のおかげで 、音声や映像をますます簡単に本物そっくりに改ざんしたり、ゼロから生成したり、あるいは驚くほど高い精度で他人に成りすましたりできるようになったのだ。

ロシアに本拠地を置く企業が最近リリースしたスマホアプリ「フェイスアップ(FaceApp)」は、自動的に人の顔を加工して笑顔にしたり、老けさせたり若返らせたり、性別を変えたりできる。さらに、しわを取ったり、物議をかもしそうなほどの「整形」効果を加えたりもできる。

モントリオール大学からスピンアウトした企業ライアバードは、先週、他人の声に偽装するテクノロジーを披露した。公開されたバラク・オバマ、ドナルド・トランプ、ヒラリー・クリントンのデモ音声は、完成度の高さを裏付けるものだ。

フェイスアップとライアバードの取り組みは、きわめて強力な人工知能アルゴリズムが単なるデータ分析だけでなく、コンテンツの生成にも使えることを示すほんの一例にすぎない。

強力なグラフィックスハードウェアとソフトウェア、新しいビデオキャプチャーテクノロジーもこうした傾向に拍車をかけている。昨年、スタンフォード大学の研究チームは「フェイストゥフェイス(Face2Face)」と呼ばれる顔交換プログラムを発表した。人物の表情をデプス・センシングカ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント