KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
賢くなった見守りカメラが登場、顔だけでなく動きも認識
Home Monitors Are Getting Smarter (and Creepier)

賢くなった見守りカメラが登場、顔だけでなく動きも認識

自宅の状況をスマホで確認できる見守りカメラはめずらしくないが、スタートアップ企業ライトハウスのカメラなら、自宅に誰がいて何をしているのか教えてくれる。 by Rachel Metz2017.05.18

新しいスマート・ホーム用セキュリティ・カメラ「ライトハウス(Lighthouse)」は、特定の大人を識別し、子どもやペットを見分け、何をしているかをスマホに通知してくれる。

5月11日に予約販売が開始されたライトハウスが消費者の手元に届くのは9月以降。価格は本体1台と初年度のサービス料金込みで399ドルで、その後は月額10ドルの利用料金が必要だ(ちなみにライトハウスと似たような機能を持つネスト(Nest)のカメラ本体と初年度サービス料は299ドル、以降は月額10ドル)。

ライトハウスは、コンピューター・ビジョンと自動運転車の開発に携わった経験を持つアレックス・テイッチマンCEO(最高経営責任者)とヘンドリック・ダルカンプCTO(最高技術責任者)によって開発された。ライトハウスはこれまでに投資家から1700万ドルの資金を調達しており、投資家の中にはアンドロイド(現在はグーグルの一部門)の共同創業者アンディ・ルービンもいる。

テイッチマンCEOによると、ライトハウスは3D画像処理深度カメラを含む複数のカメラを使って被写体との距離を捉え、狙った物体と背景との区別ができるという。たとえば、子 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント