1. ビジネス・インパクト
    権力を得られるのは、領土を支配する者だけではない。領土を造り出せる者もそうだ。世界最大となった中国の浚渫(しゅんせつ)産業は領土拡大の重要な道具になっている。 Vince Beiser4カ月前
  2. 持続可能エネルギー
    11億人の顧客を抱える巨大な中国の送電企業は、世界的な超高圧送電線の整備を目指している。再生可能エネルギーを融通することで気候変動に対抗するのが目的だというが、その真意はどこにあるのか。 James Temple6カ月前
  3. ビジネス・インパクト
    中国科学技術大学(USTC)は中国の中でも特異な歴史を持つエリート大学だ。USTCに親子3世代に渡って関わった中国人一家の物語が伝える、国家と科学の板挟みになっている中国の科学者の葛藤。 Yangyang Cheng7カ月前
  4. 知性を宿す機械
    バイドゥ、アリババ、テンセントのBAT3社に代表される世界最大級のテック企業がいまや中国に集中し、中国の人々の暮らしを大きく変えている。一方で、中国内部では多額の政府資金を投入しながらイノベーションを起こせないという不満が渦巻く。中国テック企業はさらなる成長を続け、世界を変えられるのだろうか? Mara Hvistendahl7カ月前
  5. 知性を宿す機械
    第二次世界大戦において暗号とレーダーが戦争の様相を変えたように、量子テクノロジーを用いた兵器が将来の戦争を大きく変える可能性がある。ステルス機を探知する量子レーダーや微弱な磁気の変位を検知できる量子コンパスなど、戦局を左右する量子兵器の開発競争が、米国と中国の間で始まっている。 Martin Giles7カ月前
  6. コネクティビティ
    グーグルは中国市場にいち早く参入し、突然、中国政府に打撃を与える形で撤退した。その後の中国の成長したインターネット市場を狙って、グーグルは中国市場への再参入を試みている。しかし、したたかな中国政府、いらだつ米国政府、人権侵害に沸騰する世論という3者を相手に自らの進退も決められなくなっている。 Matt Sheehan7カ月前
  7. 持続可能エネルギー
    中国が独自設計の原子炉建設を再開、19年後半にも操業か
    中国政府が新たな4基の原子炉の建設について、2年の休止期間を経て承認したと報道されている。中国の独自設計を採用しており、2019年後半の操業を予定しているという。 Peter Fairley8カ月前
  8. 知性を宿す機械
    中国は半導体産業に競争力をつけようと数十年にわたって躍起になってきたが、高性能チップにおける世界レベルの競争では依然として後塵を拝している。だが、人工知能(AI)の隆盛により、こうした状況が変わろうとしている。 Will Knight8カ月前
  9. 知性を宿す機械
    BAT3社が支配、中国AI産業が抱える「圧倒的弱点」
    近年、躍進が著しい中国のAI産業は、バイドゥ、アリババ、テンセントのテック大手3社に大きく依存している。この3社の持つ専門技術と資金力が2030年までに世界一のAI大国になるという中国の野望を支えている一方で、基礎技術を軽視した投資によって、AI産業の成長が頭打ちになる可能性もある。 Karen Hao8カ月前
  10. コネクティビティ
    完全自動運転車、中国系スタートアップが注目される理由
    研究開発は米国で、ビジネスは中国で——。そんな中国系スタートアップ企業がいま、米中関係の冷え込みとは裏腹に自動運転車の分野で注目されている。 Jeff Ding8カ月前
  11. 生命の再定義
    2018年11月、中国の科学者がCRISPRで遺伝子編集した双子の赤ちゃんを誕生させたことをMITテクノロジーレビューのスクープが報じると、世界中から非難の声が沸き起こった。だが、遡ることその数年前、初めてCRISPRでヒト胚の遺伝子を編集した中国人科学者がいる。 Antonio Regalado8カ月前
  12. ビジネス・インパクト
    米中問題を「冷戦」と片付けるのは時代遅れだ
    米中の対立を「冷戦」という言葉で表すのは、時代遅れであるだけでなく有害でもある。米ソ対立の時代と違い、サプライチェーンで密接につながった2大国関係は、そう簡単に割り切れるものではないからだ。 Graham Webster8カ月前
  13. ビジネス・インパクト
    MIT教授に聞く、中国vs.米国「テクノロジー競争」の行方
    人工知能(AI)や量子コンピューティングなど、さまざまなテクノロジー分野で中国の存在感が急激に高まる一方で、知的財産に関する問題などを巡って米国との対立は激しさを増している。中国のテクノロジー事情に詳しい、北京出身の経済学者ヤーシャン・ホアン教授に話を聞いた。Will Knight8カ月前
  14. コネクティビティ
    2018年、中国は初めて、地球周回軌道に最も多くのロケットを到達させた国となった。米国とロシアの宇宙開発計画が不安定な予算に苦闘する一方で、中国では民間スタートアップ企業や国有企業があらゆる面で取り組みを拡大しており、衛星コンステレーションをはじめ、世界最大の宇宙望遠鏡や重量物打ち上げロケット、さらには、自前の宇宙ステーションの構築すら計画している。 Joan Johnson-Freese9カ月前
  15. コネクティビティ
    アリペイやウィチャットのような決済アプリは中国人の日常生活を変え、いまや中国はモバイル決済大国と呼ばれるようになった。だが、QR決済のような目新しくないテクノロジーを寄せ集め、中国固有の事情により独自の進化を遂げた「中国式」フィンテックが欧米諸国を席巻する可能性は低い。 Martin Chorzempa9カ月前
  16. ビジネス・インパクト
    中国は次世代モバイル通信「5G」の展開に本気だ。中国通信機器メーカー大手ファーウェイ幹部の拘束も、背景には5Gを巡る米中の覇権争いがあると見られている。中国の5G展開は何を意味するのか? 5つの視点で読み解く。 Elizabeth Woyke9カ月前
  17. 持続可能エネルギー
    世界が原子力利用から遠ざかろうとしている中、原子力をもっとも推進していた中国がそのコストと安全性の問題に直面している。表向きは原発推進の立場を維持しているものの、原発大手さえも再生可能エネルギーへのシフトを始めている。原子力のテクノロジーは、中国が見放すことで終焉を迎えるかもしれない。 Peter Fairley9カ月前
  18. 持続可能エネルギー
    強烈な「EVシフト」で中国は自動車産業を制するのか?
    内燃機関エンジンの設計・製造では外国を模倣しても追いつけなかった中国は、電気自動車の開発に焦点を絞り、急激な電化政策を打った。日欧米が独占してきた世界の自動車産業の流れを変えるのか。 Jordyn Dahl9カ月前
  19. 知性を宿す機械
    米国の「AI輸出規制」はむしろ中国に追い風だ
    米国のAIテクノロジーの中国への輸出規制は、米国企業の競争力を低下させるリスクがある。そのうえ規制のない中国のほうが、AIの開発、商品化が有利になる恐れもある。 Karen Hao10カ月前
  20. 知性を宿す機械
    中国の著名な投資家兼起業家であるカイフ・リー(元グーグル副社長)が、米国と中国の人工知能(AI)開発競争に関して、MITテクノロジーレビューに語った。米国にとっての本当の脅威は、中国ではなく、基礎的なAI研究が後回しになっていることであり、AIの優秀な人材が産業界に吸い上げられていることだという。 Will Knight12カ月前
  21. 知性を宿す機械
    アリババのCTOがMITテクノロジーレビューの単独取材に応じ、AIチップ子会社の設立、量子コンピューター開発の狙いを語った。 Yiting Sun12カ月前
  22. 知性を宿す機械
    世界一のAI大国ぶち上げた
    中国首脳が呼びかける
    「国際協調」の真意
    中国の劉鶴副首相は、上海で開催された世界人工知能(AI)会議で、AI分野における国際的な協力を呼び掛けた。中国は昨年、2030年までにAIで世界のリーダーになる計画を表明したばかりで、今後の動向が注目される。 Will Knight12カ月前
  23. 知性を宿す機械
    中国政府は、国民の行動を監視し管理するために、ITとデータを活用した統治を実施している。選挙制度の正当性が揺らぐ中、国民の声を吸い上げるデータ駆動政治への期待がある一方、システムにより作成されたブラックリストは国民の生活に多岐に渡って影響を及ぼしている。 Christina Larson13カ月前
  24. ビジネス・インパクト
    中国が導入を進めている社会信用システムは、独裁的国家による監視の強化につながると見られている。だが、ビッグ・データを使った精緻な監視はむしろよりよい市民生活に役立つかもしれない。 Yasheng Huang13カ月前
  25. 知性を宿す機械
    ムーアの法則の終焉とともに米国が半導体チップにおける競争力を失ってしまうことを懸念するDARPAは、予算15億ドルの5カ年計画を始めた。半導体産業の復興をかけ、新たなチップ設計・開発手法の発見を目指す。 Martin Giles14カ月前
  26. 知性を宿す機械
    中国と米国が、スーパーコンピューターの次のマイルストーンとなるエクサスケール・コンピューティングを実現しようと国の威信をかけた激しい競争を繰り広げている。エクサスケール・コンピューターの実現により、数多くの科学分野だけでなく、産業分野、軍事分野での大きな進歩が期待される。 Martin Giles14カ月前
  27. 持続可能エネルギー
    中国が気候・エネルギー問題で主導権を握ろうと、世界最大規模の炭素取引市場の開設を進めている。だが、12月に発表された初期の計画からは大きく後退し、対象は当初、電力部門のみとなっている。中国の狙いはどこにあるのか。 James Temple15カ月前
  28. コネクティビティ
    量子コンピューターや量子通信などの量子テクノロジーの開発をめぐって、米国、中国、欧州の国際競争が加速している。米国が優位性を保つために侵してはならない過ちとは何か。5つにまとめた。 Martin Giles15カ月前
  29. 持続可能エネルギー
    リチウムイオン電池製造のCATLが中国で株式を上場した。連日の株価急騰に世界の目が集まっている。CATLへの高評価の背景には、中国政府による補助金をはじめとしたクリーン・エネルギー分野で世界の主導権を取るという計画がある。 James Temple15カ月前
  30. 知性を宿す機械
    米国が新たに発表した世界最速スパコン「サミット(Summit)」は、人工知能(AI)の処理を超高速に実行すべく、一から設計された初のスパコンだ。これまで世界最速だった中国のスパコンの性能を60%上回る。サミットで培った技術は、次世代のエクサスケール・コンピューティング実現の足掛かりにもなるだろう。 Martin Giles16カ月前
  31. 知性を宿す機械
    中国の巨大テック企業のアリババは、もはや単なる電子商取引の企業ではない。巨額の資金をAIをはじめとする基礎技術の研究・開発に投資しており、クラウド向けの独自の深層学習ツールも開発している。政府の後押しもあり、世界のAIの発展に深く関わってくることは間違いない。 Will Knight18カ月前
  32. 知性を宿す機械
    西側諸国に比べて圧倒的に医師の数が足りない中国は、医師不足をAIによって補おうとしている。4年後の市場規模は約9億ドルに達するとの予測もあり、多くのテック企業が自動化ツールを開発中だ。 Yiting Sun18カ月前
  33. 知性を宿す機械
    中国AI企業の幹部が披露した、驚くべき先端テクノロジー
    フェイスブックやグーグルといった米国の大手企業を超える勢いで、中国のAI企業が成長している。MITテクノロジーレビューのイベントで中国のAI企業の幹部らが自社のサービスやテクノロジーを披露した。 Martin Giles18カ月前
  34. 知性を宿す機械
    中国政府がAIに力を入れているのは、自国の企業に競争力を与えることだけが目的ではないようだ。中国は、米国がインターネットの標準化で世界をリードしてきたように、AIの標準化を進めて世界をリードしようとしている。 Will Knight2年前
  35. コネクティビティ
    ブロードコムによるクアルコム買収を阻止した「CFIUS」とは何か?
    米トランプ大統領は半導体大手クアルコムに対する買収を中止するようブロードコムに命じた。大統領に中止を勧告した対米外国投資委員会(CFIUS)とはどのような組織なのか、解説する。 Martin Giles2年前
  36. 知性を宿す機械
    AI技術の未来をかけて激突、中国と米国の覇権争い
    中国と米国が、次世代の大きなコンピューティング・パラダイムとなることが予想される人工知能(AI)技術における覇権を巡って、し烈な競争を始めようとしている。どの企業が支配的な地位を獲得するかで、どのようなAIサービスが広く普及するかが決まってくるかもしれない。 Will Knight2年前
  37. 知性を宿す機械
    国を挙げて世界一のAI大国を目指す中国の動きが活発だ。米国に大きな遅れをとる半導体の分野でもAIに照準を合わせ、「2020年までにニューラル・ネットワーク処理チップを量産する」との目標へ向けて開発を急ぐ。インテルやグーグルといった強豪もひしめく中、「AIで一発逆転」はなるか。 Yiting Sun2年前
  38. コネクティビティ
    どうなる今年のテック動向
    いま読み返したい、
    2017年の記事ベスト13
    2017年も数々の興味深いエマージング・テクノロジーが生まれ、同時にさまざまな社会的課題を私たちに突きつけた。2017年にMITテクノロジーレビューが掲載した1000本以上の記事の中から、2018年のテクノロジー動向を展望するのにふさわしい、おすすめ記事を紹介しよう。 MIT Technology Review Editors2年前
  39. 知性を宿す機械
    過去最高の「独身の日」に
    ひっそりとデビューした
    アリババのAIスタイリスト
    驚異的な売上を記録したアリババの「独身の日」セール。その裏側ではアリババがいま注力している、あるプロジェクトの成果がひっそりとデビューしていた。 Yiting Sun2年前
  40. 知性を宿す機械
    中国は官民挙げてAIの開発、実用化に取り組み、世界のリーダーになろうとしている。AIによる雇用の削減などといったマイナス面に眼を向ける欧米諸国は、AIによる新しい経済や富の創造に注目すべきだ。 Will Knight2年前
  41. 知性を宿す機械
    3年で150億ドル投資、アリババCTOが語る桁違いの研究開発の狙い
    アリババは、新しく立ち上げたIoT、フィンテック、量子コンピューティング、AIなどの新興技術を研究する組織を立ち上げ、150億ドル以上を投資すると発表した。責任者に任命されたジェフ・チャンCTOが、DAMOのビジョンを語った。 Yiting Sun2年前
  42. ビジネス・インパクト
    アリババのジャック・マー会長が米国の中小企業を口説いている。内需だけで事業が成り立つ米国の小売業に越境を促し、高品質な「メイド・イン・USA」商品を求める中国人の旺盛な需要に応えるのが目的だが、米国人に根強い「中国は生産地」との意識を変える必要がある。 Emily Parker2年前
  43. 生命の再定義
    中国のゲノミクス大企業が遺伝子編集されたペットの販売を断念
    遺伝子編集で色やサイズをカスタマイズできる小型ブタをペットとして販売する予定だという中国のゲノミクス企業の発表が、以前、世界中を賑わせたことを覚えているかもしれない。しかし現在、同社は遺伝子編集されたブタを販売しておらず、今後も販売するつもりはないとしている。 Michael Standaert2年前
  44. 持続可能エネルギー
    ビル・ゲイツも出資した
    蓄電池ベンチャー
    「突然死」の深層
    ビル・ゲイツをはじめとする有力な投資家から資金を調達し、MITテクノロジーレビューのスマート・カンパニーにも選出された蓄電池のスタートアップ企業アクイオンが突然の経営破綻。このほど中国企業による買収が完了し、アクイオンの再生の道が開けたことで、創業者が破綻の原因と今後の見通しを語った。 James Temple2年前
  45. 持続可能エネルギー
    気候を人工的に変えることで地球温暖化に対抗する地球工学に中国が多額の資金を投じている。地球全体に影響を与える問題を中国がリードすることにリスクはないか。 James Temple2年前
  46. 知性を宿す機械
    中国、2030年までに世界一のAI大国目指すと発表
    中国国務院は人工知能(AI)に巨額の新規投資をする計画を発表した。中国を2030年までにAI分野の世界的リーダーにし、経済的支配力の基礎を築くことを意図したものだ。 Will Knight2年前
  47. 知性を宿す機械
    バイドゥ、自動運転ソフトの無償公開で市場独走狙う
    バイドゥは、自律自動車の頭脳部分を無料公開する「アポロ計画」を推進している。アポロ計画が軌道に乗れば、自社のコードを非公開にする競合企業が自動運転分野の覇権を握るのは困難になるだろう。 Will Knight2年前
  48. ビジネス・インパクト
    バイドゥのチャン・ヤーチン社長は、人工知能などのテクノロジーへの投資が、バイドゥを世界的なリーダーに変えるのに役立つと確信している。モバイル中心で競争が激しい中国市場で戦う企業は、米国企業よりも有利な立場にあるという。 Tom Simonite2年前
  49. 知性を宿す機械
    米中AI戦争が引き起こす、世界再編の現実味
    世界レベルの賢明な起業家とイノベーターたちの間にある認識が広がりつつある。それは、AIが経済と社会に深刻な影響をもたらすことが現実味を帯びてきたというものだ。 Will Knight2年前
  50. 持続可能エネルギー
    巨額赤字のテスラが中国に工場を建設する理由
    テスラが中国に電気自動車の工場を計画中だ。3億3027万ドルもの赤字(2017年1〜3月期)を計上するテスラがいま中国に工場を建設するのはなぜか。 Jamie Condliffe2年前
  51. 知性を宿す機械
    中国人民銀行は、汚職の撲滅や幅広く人民元を流通させるためにも、独自の電子通貨を開発して導入する準備を進めている。電子通貨を導入する初の国家となるのだろうか。 Will Knight2年前
  52. 知性を宿す機械
    日本の金融機関でも顧客対応や営業支援にAIを活用しようという動きは広がっている。だが、自らをフィンテックではなく「テックフィン企業だ」と主張する中国のアント・フィナンシャルは一歩も二歩も先を行っている。 Will Knight2年前
  53. ビジネス・インパクト
    米国ではアマゾンが大手スーパーを傘下に収める中、中国ではレジもなければ店員もいない24時間営業の移動型店舗がオープンした。進化した無人販売は仕事を奪うのか、それとも買い物難民を救うのか。 Yiting Sun2年前
  54. 知性を宿す機械
    アルファ碁の引退試合が中国で開かれた理由
    世界最強の棋士との対局を制したアルファ碁は、囲碁からの引退を表明した。囲碁サミットは熱狂する中国のAIシーンを象徴している。 Yiting Sun2年前
  55. 持続可能エネルギー
    気候変動解決の主役にインドと中国が浮上
    6カ月前、気候変動の解決に向けて世界を後押ししていたのは米国だった。今では米国に代わって中国とインドがその地位に就こうとしている。 Jamie Condliffe2年前
  56. ビジネス・インパクト
    脱モノマネで真価が問われる、中国電気自動車メーカーの実力
    中国の比亜迪(BYD)の電気自動車は、ライバル製品の「模倣」で開発コストを下げ、中国政府の補助金政策の後押しを受けて中国市場で高いシェアを獲得した。しかし、政府の補助金が削減されとともに売上は低迷。打開策となるのが、クリーン・エネルギーを使った公共交通の世界展開だ。 Laurie Burkitt2年前
  57. ビジネス・インパクト
    AI研究で存在感を増す中国企業、米国進出の理由
    日本ではなじみのないテンセントは、8億8900万人が利用する「WeChat」を運営する中国の大手テック企業だ。豊富な資金とビッグデータを武器に、人工知能の分野での存在感を急速に高めている。 Will Knight2年前
  58. 知性を宿す機械
    ポーカーで磨かれる中国のAI技術
    飛躍的に水準が高まっているとされる中国のAI技術で、ポーカー用のアルゴリズムが人気だ。不完全情報ゲームであるポーカーをプレイできれば、交渉や株取引も応用できる。 Will Knight2年前
  59. ビジネス・インパクト
    アップル、「頑固すぎ」て中国市場での出荷台数が4位に後退
    アップルの中国市場での出荷台数が4位に後退した。高機能かつ低価格が人気の中国市場で、高価でスリムな製品ラインアップにこだわり過ぎ、消費者の好みの変化に追随できなかったのが原因と考えられている。 Jamie Condliffe3年前
  60. ビジネス・インパクト
    イノベーションは製品企画と製造設計、製造工程が場所として近くにあることで促されるため、米国に工場を作るだけでは製造業は復活しない。製造業の深い知識や品揃え豊富なサプライチェーンが、中国の強みだ。 Nanette Byrnes3年前
  61. ビジネス・インパクト
    中国流の知財の概念は、野蛮・無法なのではなく、知財の別解釈だと捉えないと、勝てるはずがない。ムーアの法則の減速によって、産業界のルールを書き改める時機にあるのかもしれない。 Elizabeth Woyke3年前
  62. コネクティビティ
    2017年版
    ブレークスルー・テクノロジー10
    顔で決済
    中国では顔検出システムが決済や施設への入場を許可し、犯罪者の逮捕にまで使われている。他の国も続くだろうか? Will Knight3年前
  63. 持続可能エネルギー
    東芝の原子力事業崩壊は
    米国の原子炉新設と
    研究開発への大打撃になる
    東芝の原子力事業の崩壊は、世界的な原子力産業の衰退の一部でもあり、一方で温室効果ガス排出量を削減させる現実的な手段が取りにくくなれば、地球温暖化対策の失敗は必至だ。 James Temple3年前
  64. 持続可能エネルギー
    大気汚染で年間死者約110万人のインドは世界最悪の状況
    インドでは年間約110万人が大気汚染で亡くなっており、世界最悪の状況だとわかった。また、中国からサウジアラビアまで、東西アジアの都市では、サイクリングで30分走っただけで健康増進効果は微細粒子を吸い込むことの悪影響で打ち消されてしまう。 Michael Reilly3年前
  65. ビジネス・インパクト
    中国で成長するアメリカの半導体産業
    アメリカの半導体メーカーであるグローバルファウンドリーズは、トランプ大統領の方針に関わらず、100億ドルを投じて成都に工場を建設する計画を発表した。 Jamie Condliffe3年前
  66. 知性を宿す機械
    人工知能分野への投資で、中国企業が米国を追い越す勢い
    中国では、大手インターネット企業もベンチャー企業も、AI分野に資金を投じている。 Jamie Condliffe3年前
  67. ビジネス・インパクト
    アメリカ出身のアニメーターは、勃興する中国のVR界でどのようにリーダーになったのか。 Yiting Sun3年前
  68. 知性を宿す機械
    米国政府も警戒する人工知能で進む中国企業のイノベーション
    WeChatや、ゲーム、娯楽コンテンツを提供する中国のネット企業大手テンセントは、強力なAI研究所の構築を決心した。 Will Knight3年前
  69. コネクティビティ
    中国で着々と進行するビッグ・データなビッグ・ブラザー計画
    中国政府は、全国民にローンから教育まで、すべての適格性を決定するスコアを割り当てようとしている。 Jamie Condliffe3年前
  70. コネクティビティ
    ロシア版「グレート・ファイアウォール」の構築に中国政府が協力姿勢
    ロシアと中国は国民監視と外国企業の締め出しで協力を深めようとしている。 Michael Reilly3年前
  71. コネクティビティ
    ねつ造ニュースは放置でも、フェイスブックが中国向けに検閲ツールを提供した理由
    フェイスブックが中国向けに開発したコンテンツ検閲ツールは、米国のねつ造ニュースを規制する目的では使えない。 Jamie Condliffe3年前
  72. 知性を宿す機械
    中国大陸の流通覇権を巡る自動運転トラックの開発競争
    自動運転トラックの規制が緩いことを利用して、複数の中国のトラックメーカーは、自律トラックによる業界の覇権を目指している。 Will Knight3年前
  73. コネクティビティ
    中国、海外テック企業にデータ開示と捜査協力を強いる新規制を発表
    中国のインターネット新規制は、中国内で活動する米国のテック企業を萎縮させるかもしれない。 Jamie Condliffe3年前
  74. コネクティビティ
    オバマ政権は、中国による産業スパイの減少を成果としているが、米国の経済界にとって、現実はもっと複雑かもしれない。 Mara Hvistendahl3年前
  75. コネクティビティ
    マーク・ザッカーバーグはなぜ中国にこびを売るのか?
    中国政府はソーシャルメディアと、そこでのユーザーの発言を統制するのが好きだ。だがフェイスブックは中国進出に積極的のようなのだ。 Emily Parker3年前
  76. 持続可能エネルギー
    中国とドイツ、再生可能エネルギーが送電容量を上回って悲鳴
    風力発電機と太陽光パネルはあっという間に設置されたが、インフラが再生可能エネルギーの邪魔をしている。 Jamie Condliffe3年前
  77. 知性を宿す機械
    半導体王国に俺はなる!
    中国の野望はたぶん無理
    1000億ドルを投じて世界の半導体業界を牛耳る中国の野望は恐らく達成できない。 Jamie Condliffe3年前
  78. 持続可能エネルギー
    中国スパイが怖いってことで
    イギリス、脱原発へ方針転換
    イギリスの巨大原発建設事業「ヒンクリー・ポイント」計画は、中国に対するセキュリティ上の懸念をきっかけに中止に追い込まれれば、20世紀型のエネルギー産業の終わりを象徴する出来事になりそうだ。 Richard Martin3年前
  79. 持続可能エネルギー
    中国、太陽光発電作りすぎ
    送電網につなぐの忘れた問題
    中国の太陽光発電設備は、2016年上期に記録的な数が設置され、再生可能エネルギーへの移行が進展しているようにも見える。だが、発電能力はすでに供給過剰に陥っている。 Richard Martin3年前
  80. 持続可能エネルギー
    安全で安価な原子力発電
    米国が中国に「無償提供」
    安価でクリーンな原子力発電所がついに実現しつつある。だが、そのテクノロジーが50年以上前に発明された米国以外の話だ。 Richard Martin3年前
  81. ビジネス・インパクト
    ビジネスモデルの欠陥?
    ウーバー、中国市場で敗北
    中国市場で数十億ドルを失ったウーバーは、配車サービスアプリの先駆者として、新しいテクノロジーの開発に目を移した。 Nanette Byrnes3年前
  82. ビジネス・インパクト
    中国の配車サービス合法化
    ドライバーの社員化は見送り
    新ガイドラインによって、ウーバーなどの配車サービスの法的地位が中国で確定したが、ドライバーの立場は請負事業者のままである。 Jamie Condliffe3年前
  83. 持続可能エネルギー
    石油生産量が減るのはいつ?
    答え「本当に誰も知らない」
    石油備蓄量を明かさない国が多いことは、石油価格の決定メカニズムは誰も真実を知らない状態で繰り広げられるゲームということだ。 Michael Reilly3年前
  84. ビジネス・インパクト
    狙いは適確医療の独占?
    途上国のゲノム情報を収集
    遺伝子配列の決定が遅れているアジアに注目し、適確医療を進めようとするスタートアップ企業がある。 Elizabeth Woyke3年前
  85. 持続可能エネルギー
    飲料水不足の中国で
    耐水化計画が頓挫
    中国の深刻な水不足を解消するはずの淡水化計画は、コスト増と技術不足、官僚主義により頓挫している。 Yiting Sun3年前
  86. ビジネス・インパクト
    バイドゥは人工知能をどうビジネスに生かそうとしているのか?
    中国最大のインターネット企業バイドゥは、自車製品に人工知能を追加しようと躍起になっている。 Will Knight4年前
  87. ビジネス・インパクト
    機械学習は大気汚染を解決できるか
    中国の大気汚染が悪化する中、IBMの研究グループは、人工知能技術で1平方㎞ごとに10日先の汚染レベルを予測しようとしている。 Will Knight4年前
  88. ビジネス・インパクト
    人工知能とロボットは人間の仕事をどう変えるのか?
    デジタルテクノロジーは私たちの働き方を変えている。このことは、仕事の将来の何を意味しているのだろう? Nanette Byrnes4年前