KADOKAWA Technology Review
×
【今週水曜26日開催】1800人が参加した「生成AI」第3弾。イベント申込受付中!
深層学習でロボットは
ここまで器用になる
カバーストーリー 無料会員限定
Meet the Most Nimble-Fingered Robot Yet

深層学習でロボットは
ここまで器用になる

バーチャルな物体を使って訓練されたロボットは、あらゆる物体を正確に認識し、確実に掴むことができる。手作業でしかできなかった作業の機械化につながるかもしれない。 by Will Knight2017.06.01

https://youtu.be/i6K3GI2_EgU

カリフォルニア大学バークレー校の明るく鮮やかな研究室の中では、一見すると平凡なロボットが、不格好で不定形な物体をつまみ上げるワザを磨いている。驚くべきことに、バーチャルの物体で訓練されたロボットは、現実の物体をとてもしっかりと掴んでいた。

このロボットは、3次元形状と適切な掴み方の膨大なデータセットを学習して、さまざまなモノをどう掴めばがいいかを習得している。カリフォルニア大学バークレー校の研究者は、既製品の3Dセンサーと標準的なロボット・アームに接続された大規模な深層学習ニューラル・ネットワークに大量の画像を登録した。新しい物体が3Dセンサーの前に置かれると、ロボットの深層学習システムはすぐさまアームがどのように掴むべきかを判別する。

新しいロボットはこれまで開発されたものよりはるかに優れている。実験では、ロボットが物体を掴めると50%以上確信できれば、98%の確率で持ち上げて落とすことなく振り回すことができた。ロボットが物体を認識できないときは、より適した掴み方を判別するために物体を小突く。すると、99%の確率で物体を掴み、振り回すことに成功した。これまでの方法よりも著しい進歩だと、研究者は言う。

この研究は、クラウドを通じて情報にアクセスするロボットの能力と、ロボット学習を組み合わせた新しいアプローチだ。工場や倉庫内のロボットの能力を進歩させ、病院や家庭といった新しい環境でもロボットを効果的に使えるようになるかもしれない(「10 Breakthrough Technologies 2016: Robots That Teach Each Other」参照)。研究成果は、7月に開催される主要なロボット学会に論文が掲載される予定だ。

ロ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る