KADOKAWA Technology Review
×
【締め切り迫る!1/20まで】年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!
Saiman Chow
コネクティビティ 無料会員限定
If You Get Your Face Scanned the Next Time You Fly, Here’s What You Should Know

東京便にも導入された
顔認識ゲートの本当の狙い

ヒューストンから東京へ向かう便に顔認識システムが導入された。航空会社は搭乗時間短縮のためと説明するが、プライバシーの専門家はよく考えるべきだと指摘する。 by Mike Orcutt2017.07.14

航空機の搭乗手続きがスムーズになるなら、進んで協力しようと考える人は多いだろう。しかしプライバシーの専門家は、ゲートのカメラに顔をスキャンさせることについては、再度熟慮したほうがいいかもしれないという。

顔認識システムを使えば確かに、航空会社が説明するとおり、搭乗時間が短縮するかもしれない。しかし、顔認識システムが米国の空港に設置してあるのは、誰が出国しようとしているのかを、米国政府がより確実に把握するためだ。旅行者の顔をスキャンし、政府が保存している写真と照合することで、偽造パスポートの保持者を捕まえ、ビザ(査証)の期間を超えて滞在している人がいないかを確認するのが狙いだ。

このやり方に懸念を抱いている法律専門家もいる。個人のプライバシー保護を侵害する可能性があり、連邦議会が完全に認可したわけではないというのだ。

米国国土安全保障省(DHS)は、ニューヨークのJFK国際空港、ワシントンD.C.のダレス国際空港、アトランタ、ボストン、ヒューストンなどの空港に顔認識システムを導入するために、ジェットブルー航空やデルタ航空をはじめとする航空会社と連携した。顔認識システムを導入する空港は2017年夏には、さらに増える予定だ。この取り組みは、数年前に議会から出された命令に応じてのことである。その命令とは、空路、海路、陸路のあらゆる入出国港で、米国市民以外の者の出入国を記録するために、DHSが生体認証を実施するというものだ。2017年前半、トランプ大統領は大統領令を使って、この命令を迅速に遂行させた。

政府 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
年間購読料 20%OFF
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
年間購読料 20%OFF
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る