KADOKAWA Technology Review
×
持続可能エネルギー Insider Online限定
China Builds One of the World’s Largest Geoengineering Research Programs

気候変動に人工的に対抗、中国の多額投資にリスクはないか

気候を人工的に変えることで地球温暖化に対抗する地球工学に中国が多額の資金を投じている。地球全体に影響を与える問題を中国がリードすることにリスクはないか。 by James Temple2017.08.04

中国は、この3年間で国が出資するものとしては世界最大級の地球工学の研究プログラムを立ち上げ、気候問題の領域で他の国々をリードする実績を上げてきた (「気候変動の最終手段「地球工学」の使用を誰が決断するのか? 」を参照)。

中国科学技術部が出資した約300万ドルのプログラムには、3つの機関に約15名の教員と40名の学生が所属している。研究者たちは、気候変動の技術的手法を採用することによる影響を評価し、関連する政策や統治に関する問題を調査している。最近立ち上げられたハーバード大学やワシントン大学での研究プログラムとは対照的に、研究には技術開発や屋外実験などは含まれていない (「グレートバリアリーフの珊瑚礁を救うには雲を明るくするしかない」を参照)。

「地球工学に関わる技術開発や屋外実験はまだ一般的に認知されているわけではありません。批判を避けるために、実験を躊躇しているグループもあります」と、プログラムを監督する中国在住の英国人氷河学者で気象予報士のジョン・ムーア氏はいう。

ムーア氏は長期間中国に在住しており、北京師範大学の全球変化与地球系統科学研究院の主任研究員を務めている。ムーア氏は先日、メイン州ニューリーで開催された有名なゴードン研究会議で、浙江大学と中国社会科学院も関わった最新の研究成果を報告した。非公開のイベントだが、プレゼンテーション後にMIT テクノロジーレビューに対して話を聞かせてくれた。

地球工学は、気候変動に対処し、地球温暖化を防ごうとする手法だ。さまざまなアプローチがある中、科学者たちは成層圏に粒子を噴霧して太陽光を拡散させたり、雲の太陽光の反射を強め、地上に到達する太陽光を減少できないか検討している。一般的に、こうした手法を使えば気温の上昇を抑えることは可能だと考えられているが、副作用が起きる可能 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る