KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!
スラックCEOインタビュー
AIの導入で働き方を
もう一度変える
winni wintermeyer
カバーストーリー 無料会員限定
Slack CEO: How We’ll Use AI to Reduce Information Overload

スラックCEOインタビュー
AIの導入で働き方を
もう一度変える

メールや電話が飛び交っていた職場にチャットという新しいコミュニケーション手段を浸透させたスラック(Slack)。コミュニケーションの活性化や生産性の向上といった効果をもたらす一方で、大量の情報がリアルタイムにやり取りされることで、集中力の低下や目的の情報が探せないといった課題も指摘されている。スラックのスチュワート・バターフィールドCEOに、今後解決しようとしている課題について聞いた。 by Elizabeth Woyke2017.09.28

毎日600万人以上の人々が、同僚と連絡を取り合ったり情報を共有したりするハブとして、スラック(Slack)を利用している。サンフランシスコに本社を置くスラックは、2億5000万ドル増資したばかりで、企業価値は51億ドルにも上っている( 「10 Breakthrough Technologies 2016: Slack」を参照)。

だが、マイクロソフト・チーム(Microsoft Teams)、 アトラシアン・ストライド(Atlassian Sride)、 グーグル・ハングアウト チャット(Google Hangouts Chat)、ワークプレイス・バイ・フェイスブック(Workplace by Facebook)といった、新しい競合サービスが続々と職場用コミュニケーション市場に参入。スラックの優位性に挑戦しており、中にはスラックよりも生産的だと売り込んでいるツールもある。

ボストンに滞在中のスラックのスチュワート・バターフィールドCEO(最高経営責任者)は、MITテクノロジーレビューに対して、人工知能(AI)を利用して人々がデータに圧倒されないようにしたいと、計画を語ってくれた。以下はインタビューを抜粋したものである。

一般公開から3年半たった今でもスラックは成長を続けていますが、職場用ツールとしての効率性はどうなのかと考える人も出てきました。

現代の職場での日々のたいていの不満は、情報が伝わってこない、どんな意思決定がなされているのか理解できない、何が起こっているのか分からない、といったことでしょう。そういった疎外感は、実際のところスラックを使えば緩和されます。1万人の企業で働いていて、主要なコミュニケーション手段が電子メールだとしたら、会社全体で起こっているあらゆるコミュニケーションのうち、アクセスできるのは1%のそのまた何百分の1、といったところではないでしょうか。ですがスラックを利用すれば、10%あるいは20%にアクセスできるかもしれません。

裏を返せば、企業にはもっとたくさんの情報がある、ということです。スラックはすでに多くの機能を導入し、情報が大量に流れてくる場合の影響を緩和できるようにしています。たとえば、スラックの利用開始時には新しいメッセージが届くたびに通知を送りますが、その後まも …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
【春割】実施中! ひと月あたり1,000円で読み放題
10 Breakthrough Technologies 2024

MITテクノロジーレビューは毎年、世界に真のインパクトを与える有望なテクノロジーを探している。本誌がいま最も重要だと考える進歩を紹介しよう。

記事一覧を見る
気候テック企業15 2023

MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」は、温室効果ガスの排出量を大幅に削減する、あるいは地球温暖化の脅威に対処できる可能性が高い有望な「気候テック企業」の年次リストである。

記事一覧を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る