KADOKAWA Technology Review
×
現場のワザをVRで学習、製造業ロボットが着々と進化中
Embodied Intelligence
知性を宿す機械 無料会員限定
These AI Hotshots Plan to Reboot Manufacturing by Jumping Inside Robots

現場のワザをVRで学習、製造業ロボットが着々と進化中

今日の製造現場では様々な作業が人間からロボットに置き換わっている。プログラムを書くのが大変であるため現時点ではまだ人間が担当している細かい作業もいずれ、実質現実での人間の動きから学習するロボットに置き換えられるかもしれない。 by Will Knight2017.11.21

昨今、ますます多くの製造プロセスがロボットに置き換わっているが、いまだに細かい作業は苦手で、プログラムを作成するのにも時間がかかる。

そんな中、エンボディド・インテリジェンス(Embodied Intelligence)というスタートアップ企業が、観察や実験、反復により学習するロボットを開発して状況を変えようとしている。ロボットを訓練するのは、実質現実(VR)ゴーグルをかけた遠隔操縦者だ。

エンボディド・インテリジェンスの狙いがいくつかでも実現すれば、製造業だけでなく他の産業にも大きな影響を与えられるだろう。ロボットがもっと器用になり、短時間で学習できるようになるので、仕事のやり方が大きく変わる可能性がある。

エンボディド・インテリジェンスを設立したのは、カリフォルニア大学バークレー校のピーター・アビール教授と数名の学生たちだ。アビール教授は機械学習の専門家であり、実践と実験を通してロボットに難しいタスクを実行させるように訓練する草分け的な研究をしている(「3 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る