KADOKAWA Technology Review
×
フォックスコンにAI導入、アンドリュー・エンが考える製造業革命
Jemal Countess | Getty Images
知性を宿す機械 Insider Online限定
Andrew Ng Says Factories Are AI’s Next Frontier

フォックスコンにAI導入、アンドリュー・エンが考える製造業革命

人工知能(AI)の専門家であるアンドリュー・エンは、iPhoneを製造するフォックスコンの品質管理にAIの導入を進めている。製造業はいま、大きな変革期を迎えているようだ。 by Rachel Metz2018.01.17

世界中の工場では、日夜数千人もの人間が小さな回路基板などの電子部品をにらみながら欠陥を検出しようとしている。骨の折れる作業だ。トップクラスのAI専門家であるアンドリュー・エンは、グーグルやバイドゥといった巨大テック企業においてAIの社内展開を何年にもわたって手伝ってきた。そのエンは、コンピューターは人間以上の仕事ができると考えている。

中国のインターネット企業バイドゥでAI部門のトップを務め、それ以前にはグーグルでグーグル・ブレイン(Google Brain)プロジェクトを立ち上げたエンは、現在、ランディングAI(Landing.AI)という新たなスタートアップ企業の最高経営責任者(CEO)を務めている。カリフォルニア州パロアルトに本社を置くランディングAIは、AIを社内に取り込む方法を考え出す手助けをする企業だ。立ち上げからわずか4カ月ほどだが、ランディングAIはすでにさまざまな製造業者と仕事をしている。たとえば、iPhoneの世界最大の製造会 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る