KADOKAWA Technology Review
×
限定クーポン利用で年額5000円OFF
キャンペーン実施中!
気が早い? マイクロソフトが量子プログラミング言語を作る理由
知性を宿す機械 無料会員限定
Quantum Computers Barely Exist—Here’s Why We’re Writing Languages for Them Anyway

気が早い? マイクロソフトが量子プログラミング言語を作る理由

実用化したシステムが存在しないにもかかわらず、量子コンピュータで動作するアプリケーション・ソフトウェアを開発するための「量子プログラミング言語」の発表が相次いでいる。マイクロソフトは、量子プロセスに関する専門知識がなくても、量子コンピューター向けのプログラムを開発できる高水準言語と開発支援ツールの無償提供を開始した。 by Martin Giles2017.12.26

量子コンピューターはまだきわめて未熟な段階にあり、大部分は少数の先進的な研究所の好奇心をそそる遊び道具にとどまっている。それでも、量子コンピューターのために新しいプログラミング言語を開発している人々はたくさんいる。

量子コンピューター向けの最新のプログラミング言語の1つに、マイクロソフトの「Q#(Qシャープと読む)」がある。マイクロソフトはこのほど、Q#といくつかのソフトウェア開発支援ツールを発表した。これで「QCL」や「クイッパー(Quipper)」といった高水準の量子プログラミング言語のリストに、新たな言語がまた1つ加わった格好だ。

しかし、量子コンピューターを持っている人がほぼ誰もいないことを考えると、これには何の意味があるのだろう?

マイクロソフトで量子コンピューティングの主任研究マネージャーを務めるクリスタ・スヴォア博士は、新言語が必要なのは、現在のコンピューターのために書かれた言語が量子コンピューターでは使えないからだという。古典的なコンピューターは二進法の形式で、情報を1と0の連なりとしてコード化するのに対し、量子コンピューターは量子ビット(またはキュービット)を使う。これは事実上、1と0を同時にコード化できる。

この「状態の重ね合わせ」により、膨大な量の並列処理が可能になる。量子コンピューターを構築する取り組みに対する関心が非常に高まっているのはそのためだ。量子コンピューターは材料科学から人工 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
いまだけ【5,000円引き】クーポン配布中
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
いまだけ【5,000円引き】クーポン配布中
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る