KADOKAWA Technology Review
×
2018年も機械に奪われない仕事5つ
Nick Little
ビジネス・インパクト 無料会員限定
Five Jobs That Are Set to Grow in 2018

2018年も機械に奪われない仕事5つ

AIと自動化による雇用の喪失は、新しい仕事や人ならではの仕事をもたらす。2018年、AIや自動化の影響を受けにくい5つの職種を紹介する。 by Erin Winick2018.01.17

仕事の未来は人工知能(AI)と自動化によって決まる。こうした技術によっていくつかの仕事はなくなるものの、新しい仕事を生み出し、人間のほうが適している仕事には大きな需要をもたらすだろう。MITテクノロジーレビューでは、2018年の求人掲示板を賑わすと予想される5つの職種に注目した。

再生可能エネルギー技術者

米国のエネルギー産業は変貌を遂げており、石炭から、天然ガスや再生可能エネルギーへと向かっている。この変化に伴って、より多くの労働者が必要となる。米国労働省労働統計局によると、太陽光発電設置者や風力タービン技術者は、今後10年間で最も急速に成長する専門職となる。両者ともに約100%の成長が見込まれている。どちらの仕事も、ロボットではとてもできない器用さや機敏性が必要とされるため、自動化は当分の間心配ない。

マシン・トレーナー

AIソフトウェアを本当に知性あるものにするのは、たくさんの難しく、そして骨 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る