KADOKAWA Technology Review
×
知性を宿す機械 無料会員限定
I Rode in a Car in Las Vegas. Its Driver Was in Silicon Valley

無人運転でベガスをドライブ、870km先でハンコン握る運転手

自律走行車がどうしようもない状況に陥った際に備えて、遠隔地にいる人間がその車の運転を引き継ぐ技術を開発している企業がある。先日、シリコンバレーからゲームコントローラーで遠隔操作で運転する車に乗って、混雑する夜のラスベガスをドライブする機会があった。 by Rachel Metz2018.01.15

先日の夜、カジノホテル「MGMグランド・ラスベガス」で待つ私の前に、ドライバーの乗っていない車がゆっくりと近づいてきて停車した。しかし、厳密に言うと無人乗用車ではない。ドライバーは約870キロ離れたカリフォルニア州マウンテン・ビューにいる。

この車は、ファントム・オート( Phantom Auto)というスタートアップ企業が所有するものだ。自律走行車が走行中に自身の手におえない状況が発生したときに、遠隔地にいるドライバーが一時的に車の運転を引き継ぐというテクノロジーを開発している。

大手のテック企業や自動車メーカーが自動運転車を完成させるために多額の投資をしている。自動運転車ができれば、交通量の削減や交通事故の減少が期待されるし、関係する企業はもちろん大きな利益が得られる。公道での試走が始まっているが、周囲に何があるかを認識したり、他の車や人を避けて走行したりするなど、まだ多くの点で大幅な改善が必要だ。

ファントム・オートは、「エッジケース」(過酷な天候状 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る