KADOKAWA Technology Review
×
ICOで20億ドル調達のテレグラムは暗号通貨の課題を解決できるか
Carl Court | Getty
コネクティビティ Insider Online限定
Telegram’s ICO: Give us $2 billion and we’ll solve all of blockchain’s problems

ICOで20億ドル調達のテレグラムは暗号通貨の課題を解決できるか

メッセージング・サービスの会社であるテレグラムが、20億ドル規模の新規暗号通貨公開(ICO)を実施する計画であることを発表した。同社は、ブロックチェーンの最も厄介ないくつかの課題を解決するとしているが、その方法について詳細を明らかにしていないため、専門家の間で疑念が広がっている。 by Mike Orcutt2018.01.29

今回の出来事は「ロングアイランド・アイスティー」が「ロング・ブロックチェーン」に名前を変えたという話ではない(日本版編注:昨年、飲料会社のロングアイランド・アイスティーがロング・ブロックチェーンと企業名を変更したら株価が急上昇した出来事があった)。メッセージング・サービスを提供する企業であるテレグラムは、20億ドル規模の新規暗号通貨公開(ICO)を計画しており、今月実施する予定だ。これによってテレグラムは単に株価の急騰を期待しているのではない。20億ドルの金額に興味をひかれないとしても、この計画に隠れた野望を考えてみるといい。テレグラムは同社の暗号通貨を購入する投資家に対して、ブロックチェーン分野で最も厄介な問題のいくつかを解決すると約束しているのだ。

ICOの分野はすでに熱狂に包まれており、テレグラムはその中でかつてないほどの高値を付けようとしている。他の多くの企業は暗号通貨による資金集めのラウンドで9桁の資金調達を記録しており、その中の1つであるイオス(EOS)は、10億ドルをはるかに超えるペースである。こうした投資のすべては、いまだ存在しないブロックチェーン・システムに対する、ほとんど夢のようなものを当てにしている。

だが、テレグラムのICOを取り巻く投資家の興奮はさらに実体に欠けているかもしれない。テレグラムが提供 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る