KADOKAWA Technology Review
×
知性を宿す機械 Insider Online限定
A small-scale demonstration shows how quantum computing could revolutionize data analysis

量子コンピューティングはデータ分析に革新をもたらすか

中国の研究者が位相幾何学の計算に、量子コンピューターが活用できることを証明した。科学分野のさまざまな課題において、従来のコンピューティングと比べてはるかに高速に解析できる可能性がある。 by Emerging Technology from the arXiv2018.04.26

数学の一分野である位相幾何学では、曲げたり伸ばしたりすることで対象の形状を別の形状に変化させることができる。過去数十年間、位相幾何学はごく少数の研究者が探求するものだったが、今では現実世界を解析する強力なツールとしてますます発展している。特に、位相幾何学分野における対称性が果たす役割の重要性が明らかになっている。

対称性とは、視点が変わっても性質が変わらないことを言う。たとえば、正方形は90度回転させても同じに見える。こうした不変性は回転対称性と呼ばれる。

一方で、各スケールを通して対称性を維持する位相構造もいくつか存在する。数学者はこうした対称性を永続的相同性(persistent homologies)と呼んでいる。永続的相同性の研究は、ネットワーク分析、データマイニング、そして脳の構造の理解などの幅広い問題を解く鍵になることが明らかになりつつある。

理論的にはこうした対称性を記述するのは簡単で、たとえば、データ構造内の穴や空洞の数を数えればよい。求められた数はベッチ(Betti)数と呼ばれ、ベッチ数が同じ構造は位相的に等しい。

しかし、ある問題が存在する。ベッチ数を計算するには、高いコンピューティング能力が必要だ。「従来の最も強力なコンピューターでさえそれほど規模が大きくないデータセットの計 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る