KADOKAWA Technology Review
×
MIT発のスタートアップ、AI搭載の自動追尾ドローンを発売
Courtesy of Skydio
知性を宿す機械 無料会員限定
Drones that dodge obstacles without guidance can pursue you like paparazzi

MIT発のスタートアップ、AI搭載の自動追尾ドローンを発売

深層学習で特定の人物の外見を認識して、人工知能(AI)による自動操縦で障害物を避けながら飛行するドローンが登場した。周囲を撮影する13個のカメラとAI用チップセットを搭載し、価格は2499ドルだ。 by Will Knight2018.03.02

人工知能(AI)を搭載するドローンが登場しようとしている。このドローン、空中を飛びながらとてつもなくクールなスノーボードの映像を撮る。

スカイディオ(Skydio)というスタートアップ企業が、人物を視覚的に記憶し、その人物について回る世界初のドローンを発売した。生まれたばかりのアヒルの子の刷り込みにちょっと似た感じだ。木や鉄塔などの障害物を巧みによけながら映像を撮る様は、あたかも自分専用の空飛ぶロボット・パパラッチである。

「R1」と呼ばれるこの新型ドローンは自転車、スキー、ラフティングなどのアクションを高品質映像で手軽に撮影できる商品として販売される予定だ。だが創業者でもあるアダム・ブライCEO(最高経営責任者)によると、同社はこのドローンを屋根の破損状態を調べたり、土地や建物のパトロールしたりするのに使うことを考えているという。

建物の検査や警備、倉庫内での在庫管理などで使われているドローンはすでに存在する。だが、複雑で不慣れな環境でドローンを飛ばすには通常、熟練したパイロットが地上から操縦する必要がある。さもなければ、周囲の詳 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る