KADOKAWA Technology Review
×
【10月31日まで】日本初開催 「Innovators Under 35」候補者募集中
アパレルの究極の未来、
センサーとAI制御の
スマートジャケットが登場
Courtesy of Ministry of Supply
ビジネス・インパクト 無料会員限定
This heated jacket uses AI, Alexa, and other buzzwords to keep you perfectly snug

アパレルの究極の未来、
センサーとAI制御の
スマートジャケットが登場

ボストンのアパレルブランドが、温度センサーや加速度センサーを内蔵し、機械学習機能を備えたアプリで操作する加熱式ジャケットの新製品を発表した。着心地はともかく、IoTをアパレル産業に持ち込むことで何ができるのかを試そうという意図は、純粋に興味深い。 by Erin Winick2018.03.20

冬に分厚いジャケットを着たまま暖かい地下鉄車両に乗り込むのが「服を選ぶうえでの大きな悩み」だとお考えの方はいないだろうか? ボストンを拠点とするアパレルブランド「ミニストリー・オブ・サプライ(MOS)」がぴったりの製品を用意している。

テクノロジーの採用に熱心なことで有名なMOSが、クラウドファンディングによる資金調達サイト、キックスターター(Kickstarter)で新製品を発表した。「マーキュリー(Mercury)」という名前のスマート・サーマルジャケットである。IoT技術を採用し、アプリで操作する加熱式ジャケットだ。アレクサに対応し、機械学習を利用して温度を着る人の好みに合わせて調整してくれる。

バズワードが満載である。しかし根本のところは、純粋に興味深い製品だ。

加熱式ジャケット自体は新しいものではない。MOSが195ドルか295ドルですでにオンライン販売している製品と同じ価格帯だ。しかし現行製品は、自分でスイッチを入れて温度調整をしなければならない(何とも面倒だ)。一方で「マーキュリー」は、加速度センサーと温度センサーを内蔵し …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る