KADOKAWA Technology Review
×
Christopher Churchill
ビジネス・インパクト 無料会員限定
From the factory floor to the OR, robots can make great teammates

専門家が語る、ロボットを同僚に迎えるときによくある勘違い

人間とロボットがともに同じ職場で働く時代はもうそこまで来ている。ロボットと一緒に働くときに直面する課題について、専門家に話を聞いた。 by Erin Winick2018.03.06

ロボットの仕事仲間や人工知能(AI)のアシスタントがあなたの職場に近づいている。

マサチューセッツ工科大学(MIT)のジュリー・シャー准教授は、仕事を奪われることを恐れることなく、ロボットと一緒に働くことを受け入れている。2014年の35歳未満のイノベーターの1人であるシャー准教授は、人間と機械を安全で効率的なチームメイトにする方法に取り組んでいる。シャー准教授の仕事は、工場の現場や混雑する病院などで、自動化が人間をより生産的にする方法を見つけ出すことだ。すでに多くの人々が取り組んでいるように、ロボットと一緒に働き始めるときに直面すると思われることについて、話を聞いた。

——職場で最も一般的なロボットに関する誤解は何ですか。

人々はよく、人工知能(AI)はさまざまな職種に対応可能で、非常に汎用的で有能だと考えています。しかし現状、AIはそのような働きはしていません。現在のAIシステムは、それぞれ非常に特別なタスクを実行するよう設計する必要があるのです。それには多くの工学技術が必要です。タスクの組み合わせは拡張してい …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る