KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付中!
アフリカの緊急医療で鍛えた
世界最速の宅配ドローン
Zipline
知性を宿す機械 Insider Online限定
Zipline launches the world’s fastest commercial delivery drone

アフリカの緊急医療で鍛えた
世界最速の宅配ドローン

スタートアップ企業のジップラインが、世界最速の商用宅配ドローンを開発した。アフリカでの豊富な実績をもとに、アマゾンやグーグルといった大手との競争に挑む。 by Martin Giles2018.04.09

ジップライン(Zipline)は2年前、ルワンダの遠隔医療センターに血液や医薬品を空輸する全国規模のドローン宅配システムを作った。そのジップラインがこのほど、世界最速だという商用宅配ドローンを開発した。最高速度が時速128キロメートル(80マイルにほんのわずかに満たない)のドローンである。

ジップラインは、前モデルよりも高速でメンテナンス性に優れた新型の固定翼空中ロボットを投入することで、多くの大手企業が関心を示しているドローン配送産業を勝ち抜きたい考えだ。アマゾンは英国などで数年前から「プライム・エアー(Prime Air)」と呼ぶドローン宅配サービスを試験しており、アルファベット(グーグル)傘下の秘密研究所であるXの「プロジェクト・ウィング(Project Wing)」はオーストラリアにおけるパイロット・プロジェクトで医薬品やブリトーを配達している。

こうした宅配ドローンの事業化を目指す企業は、まもなく米国でも試験ができるようになる。米国政府は5月から、有視界外飛行(Beyond Visual Line of Sight:BVLOS)を伴うドローン・サービスの試験を希望する民間ドローン運航業者 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る