KADOKAWA Technology Review
×
【1/31まで】ひと月あたり1000円。
お得に購読できるキャンペーン実施中!
コネクティビティ 無料会員限定
How to Make a Smartphone Detect Anemia

スマホを医療機器に
貧血症用に発表

一般的なスマホに搭載されているセンサーとコンピューターで、低コストで持ち運べる検査と診断装置を実現する。 by Will Knight2016.09.08

医師や医療機器が不足している地域では、スマホが必須医療機器になるかもしれない。

スマホのカメラで貧血症(赤血球を運ぶ酸素が不足して起きる症状)を検知する新手法により、高価な機器がなかったり、病院に行ったりしなくても、スマホで病気の初期症状を検出できるかもしれない。

ワシントン大学の研究者は、スマホと光による簡単な貧血症の検出と症状を記録する手法を9月末に発表する。試験によると、米国食品医薬品局(FDA)認定の既存の貧血症試験に匹敵する精度があるという。このテクノロジーはワシントン大学電気工学部のシュウェタク・パテル教授の研究室で開発された(「35歳以下のイノベーター2009:シュウェタク・パテル」参照)。

栄養失調や寄生虫感染症で発症することがある貧血症は、貧困国では非常によくある病気だ。世界保健機関(WHO)は世界中で約20億人が貧血症だと推定する。めまいや衰弱、ひどい頭痛が症状だ。鎌状赤血球症など、特定の慢性症状がある人は常に監視する必要があり、通常は頻繁に血液を検査することになる。

パテル教授は、使いやすい簡 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5Cities Issue

新型コロナのパンデミックによって激変した都市生活は、ポストコロナでどう変わるのか? 都市部への人口集中が世界で加速する中、環境、災害、貧困といった負の側面をテクノロジーは解決できるのか? 多様な人々が集まり、化学反応が起きるイノベーションの集積地としての役割を都市は今後も果たし続けるのか? 世界の豊富な事例と識者への取材を通して、新しい都市の未来像を描く。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る