KADOKAWA Technology Review
×
リチウムイオン電池の性能を2桁向上、BMWが採用決めた新素材
持続可能エネルギー This battery advance could make electric vehicles far cheaper

リチウムイオン電池の性能を2桁向上、BMWが採用決めた新素材

多くの企業がリチウムイオン電池のエネルギー密度を高める研究に取り組む中、米国のあるスタートアップ企業が性能を2桁向上させる電池材料の開発に成功した。BMWと提携して自動車への採用を目指すほか、来年にも同社の電池材料を搭載した家電製品が発売される見込みだ。 by James Temple2018.04.18

カリフォルニア州アラメダのあるスタートアップ企業は、この7年間、新たなアノード材料の開発をひっそりと進めてきた。この材料により、リチウムイオン電池の性能が大幅に向上すると期待されている。

シラ・ナノテクノロジーズ(Sila Nanotechnologies)はこの3月、表舞台に姿を現した。BMWと提携し、シリコンをベースとするアノード材料を、少なくとも数種類のBMWの電気自動車に2023年までに採用することを目指す。BMWの広報担当がウォール・ストリート・ジャーナル紙に語ったところでは、シラ・ナノテクノロジーズとの提携により、所定の容積の電池に充填できるエネルギーを10~15%増やせるようになるだろうという。シラ・ナノテクノロジーズのジーン・ベルディチェフスキーCEO(最高経営責任者)は、最終的には効率を40%向上できるだろうと述べている(「35歳未満のイノベーター35人 2017:ジーン・ベルディチェフスキー」を参照)。

電気自動車については、いわゆる「エネルギー密度」が増えると、1回の充電で可能な走行距離が伸びたり、標準距離を走行するのに必要な電池のサイズやコストを抑えられたりする。一般的な消費者向け製品で言えば、1日も経たずに充電が切れる携帯電話のストレスが解消されたり、大型のカメラや超高速の5G回線といった消費電力の大きな次世代技術を搭載できるようになったりする可能性がある。

リチウムイオン電池の容量拡大については数十年にわたって研究がされててきたが、一度に実現する割合は通常数%にとどまっている。シラ・ナノテクノロジーズはいかにして、このような大幅な効率向上を実現したのだろうか?

テスラの7番目の従業員だったベルディチェフスキーと、ジョージア工科大学で材料科学を研究しているグレブ・ユーシンCTO(最高技術責任者)が先日、MITテクノロジーレビューとのインタビューで、同社の電池技術について説明してくれた。

アノードは電池の陰極のことである。リチウムイオン電池の場合、充電されるとリチウムイオンが蓄 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る