ロボット工学

Is Drone Racing a Sport Yet? アドレナリン、ドバドバ
ドローンレースが熱い!

猛烈なスピード、大胆な作戦、有利なテレビ契約に多額の賞金。ゴルフ以上にずっとエキサイティングなスポーツがある。 by Jamie Condliffe2016.09.15

アメリカ人が大好きなフットボール以外で、最新の気晴らしが、いっぱしのスポーツとして盛り上がっているのがドローンレースだ。

空中での優位性を小さな空間で競いあうのは新しい現象ではない。リモコン飛行機による空中接近戦は長く親しまれている。だが、ここ数年間で、テクノロジーは、この競争に3Dビューの形態でアドレナリンをドバドバと注いでいるのだ。

時速160km以上 で空を切り裂く小さくて機敏なドローンが、軽量、高解像度のカメラを搭載し、無線でパイロットに映像を送信できるようになった。 ヘッドマウントディスプレーにより、あたかも ドローンを操縦する人 がコックピットに座っているかのように感じられる。以下の映像を見れば、コックピットから見る眺めがどんなに爽快なものか味わえる。

友だち同士が週末に集まって森や廃墟でレースをする草の根的な趣味として始まったドローンレースは、突然その人気に火が着いた。米国には既にレーサー向けの大会があり、今年ドバイでは初の「ワールド・ドローンプリ」が開催された。優勝者は15歳のイギリス人パイロットで、賞金25万ドルを獲得した。

今では、イギリスの放送局スカイが米国を本拠にするドローン・レース・リーグに100万ドルを投資しており、イギリスでのイベント放映権を押さえている。リーグはESPNや7スポーツともTV放映契約を交わしているが、来年には米国以外にも進出し、ロンドンで最低1レースが開催される予定だ。確かに、ドローンレースは巡回興行になりつつある。まるでポケットサイズのF1のようだ。

しかし、一部の上級ドローン飛行士にとっては、単純なレースは既に魅力を失っている。最近のワイヤード特集で崇拝を集めるパイロット、カルロス・プエルトラスは、接近戦レースが主流になっているが、フリースタイル飛行での方がエキサイティングだと説明し、以下の目のまわる映像でデモンストレーションした。スノーボードやスケートボードにもある、ドローンレースの別視点だ。単純なスピードよりも、巧みな技能と離れ技が才能を示す。

というわけで、ドローンレースはモダンスポーツの魅力をすべてもっている。大金、テレビ放映、スピード、激しい競争……そして商業化を避けて、離脱する一群。今こそチャンネルを合わせるときだ。

(関連記事:The Guardian,Wired

人気の記事ランキング
  1. Machines Can Now Recognize Something After Seeing It Once グーグル・ディープマインド、大量データ不要の深層学習システムを開発
  2. Wikileaks E-Mails Are an Election Influence to Really Worry About クリントン不支持の世論形成は、ロシアによる選挙干渉
  3. Neural Network Learns to Identify Criminals by Their Faces ニューラル・ネットワーク、「犯罪者顔」で犯罪者を判定
  4. Can social media control public opinion? ソーシャルメディアで世論は操作できるか?
  5. How the Bot-y Politic Influenced This Election 大統領選ツイートは約20%がボット、約75%はトランプ支持
この記事をシェアしてください!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
タグ
クレジットPhotograph by Drew Angerer | Getty Images
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 コメント
    「未来の機械」の記事
    人気の記事ランキング
    1. Machines Can Now Recognize Something After Seeing It Once グーグル・ディープマインド、大量データ不要の深層学習システムを開発
    2. Wikileaks E-Mails Are an Election Influence to Really Worry About クリントン不支持の世論形成は、ロシアによる選挙干渉
    3. Neural Network Learns to Identify Criminals by Their Faces ニューラル・ネットワーク、「犯罪者顔」で犯罪者を判定
    4. Can social media control public opinion? ソーシャルメディアで世論は操作できるか?
    5. How the Bot-y Politic Influenced This Election 大統領選ツイートは約20%がボット、約75%はトランプ支持