KADOKAWA Technology Review
×
Messenger Bots Are Overhyped, Underpowered—and Growing like Crazy

チャットボットはまだ無能
ただし、成長率は異常に高い

ボットはまだ役に立たないが、iPhoneアプリの初期よりも速いペースで増加中だ。 by Jamie Condliffe2016.09.19

世界中がボットに夢中になったのは、自律アシスタントが人間の生活で起きるさまざまな問題を解決するサポートをしてくれる、とフェイスブックが約束したからだ。約束は実際にはまだ果たされていないが、確かに急速に開発が進んではいる。

人間と「ビジネスをつなぐこと」(モノを買え、という意味だ)をサポートする対話式ボットをフェイスブックが大々的に発表してから 5カ月が過ぎ、同社は現段階の能力を誇張してしまった、と認めた。先週、メッセンジャー事業の責任者デイビッド・マーカスは、ボットが「あまりにも急激に誇大宣伝されてしまい」実際には期待されたほどの成果を出せていないと明かしたのだ。

実際、誇大に宣伝されていたが、宣伝に煽られておかしな開発企業が利便性をあまり考えずに開発してしまった、ともいえる。ブルームバーグによると、シティグループの調査では、フェイスブックのメッセンジャープラットフォームで使用可能なボット数の発表直後の増加は、アップルのApp Storeオープン時のアプリ増加数より70%多い。

ボットとアプリの対比は他にもある。フィナンシャルタイムス紙によると、エバーノートのフィル・リビン前社長は、今は宣伝目的だけのボットが氾濫している時期だと考えている。初期のiPhoneユーザーは、2007年にアプリ市場が似た状況だったのを覚えているだろう。

ボットはゆっくりではあるが、より利便性が高まる方向に向かっている。フェイスブックのボットは今や決済の受付ができ、理論上これで実際に何かを購入できる。一番乗りはドミノだ。今ならフェイスブックのメッセージアプリから高カロリーで悪名高いピザを注文できるのだ(やったね)。

一方で、Siriの生まれ故郷である研究所では人の機嫌を感知し適切に対応できるボットを開発中だ。機械学習により、システムは、たとえばユーザーが混乱している様子なら話す速度を落とし、不満そうなら違った言い方に変える。

確かに今のボットは人をいらつかせることがある。

(関連記事:Financial Times, Bloomberg, The Verge, TechCrunch, “Facebook Wants You to Chat with Business Bots,” “Customer Service Bots Are Getting Better at Detecting Your Agitation”)

人気の記事ランキング
  1. China’s heat wave is creating havoc for electric vehicle drivers 中国猛暑でEVオーナーが悲鳴、電力不足でスタンドに長蛇の列
  2. Decarbonization is Japan’s last chance to raise its power 大場紀章「脱炭素化は日本の力を底上げする最後のチャンス」
  3. Brain stimulation can improve the memory of older people 脳への「優しい刺激」で高齢者の記憶力が向上、1カ月持続か
  4. Kyoto University startup pioneers the era of fusion power generation 京大スタートアップが拓く、核融合発電の時代
  5. How do strong muscles keep your brain healthy? 高齢者に運動なぜ必要? 筋肉が脳を健康に保つ仕組み
タグ
クレジット Photograph by Glenn Chapman | Getty
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. China’s heat wave is creating havoc for electric vehicle drivers 中国猛暑でEVオーナーが悲鳴、電力不足でスタンドに長蛇の列
  2. Decarbonization is Japan’s last chance to raise its power 大場紀章「脱炭素化は日本の力を底上げする最後のチャンス」
  3. Brain stimulation can improve the memory of older people 脳への「優しい刺激」で高齢者の記憶力が向上、1カ月持続か
  4. Kyoto University startup pioneers the era of fusion power generation 京大スタートアップが拓く、核融合発電の時代
  5. How do strong muscles keep your brain healthy? 高齢者に運動なぜ必要? 筋肉が脳を健康に保つ仕組み
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)の実現に向けて、世界各国で研究開発が加速する脱炭素技術、社会実装が進む気候変動の緩和・適応策などGX(グリーン・トランスフォーメーション)の最新動向を丸ごと1冊取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る