KADOKAWA Technology Review
×
ディープマインド「想像するAI」への第一歩、見えない物体を推測
知性を宿す機械 無料会員限定
A computer program that learns to “imagine” the world shows how AI can think more like us

ディープマインド「想像するAI」への第一歩、見えない物体を推測

物体の「見えない部分」を推測するディープマインドの新技術「GQN」は、「想像するAI」の第一歩となる。 by Will Knight2018.06.26

機械が本当に知的になることを目指すのならば、機械自身ががもっと良く世界を理解する必要がある。

アルファベット(グーグル)の子会社で、人工知能(AI)を専門に開発しているディープマインド(DeepMind)は、人間の助けを借りずに知能を表せるコンピューター・プログラムの開発によって、知的機械へ一歩進んだ。機械が周囲の世界を想像する方法を学んだと言えるかもしれない。

ディープマインドの研究者が「クエリ生成ネットワーク(Generative Query Network : GQN)」と名付けた仕組みを使用しているこのシステムは、ある場面をいくつかの角度から見た後で、他の角度からの見え方を描写できる。

こう聞くと些細なことだと思うかもしれない。だが、物理的な世界について学習するこの能力は、比較的高度な能力が求められる。多くのAIビジョン・システムと比べて、ディープマインドのプログラムは、より人間らしい方法で場面を理解する。たとえば、物体の一部が遮られていても、ディープマインドのプログラムはそこにある物を推論できる。

ゆくゆくは、こうしたテクノロジーが、より深遠な人工知能の基礎を築く …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る