KADOKAWA Technology Review
×
【新規購読者限定】ひと月あたり1000円で始められるキャンペーン実施中!
Is an Editable Blockchain the Future of Finance?

編集可能なブロックチェーン
アクセンチュアが特許取得

巨大金融機関の採用を目指すブロックチェーンの改良版は、原理主義者には歓迎されないとしても、テクノロジーの普及には欠かせないことかもしれない。 by Jamie Condliffe2016.09.21

暗号通貨「ビットコイン」を支えるテクノロジー「ブロックチェーン」は、あらゆる種類の取引を変える手法として、もてはやされている。しかし今、編集可能なブロックチェーンを作成する提案が議論を呼んでいる。

コンサルタント会社のアクセンチュアが取得した特許は、管理権限を持つ者がブロックチェーンに保管された情報を書き換えられるシステムの基本的アイデアだ。 フィナンシャル・タイムズ紙によるインタビュー (有料会員限定記事)では、アクセンチュアの財務サービスのリチャード・ラム(グローバル統括責任者)が、このシステムの開発は「ブロックチェーンを金融サービス分野で役立つ、実用的なものにする」ため「企業の世界に適応させる」ものだと述べている。

アクセンチュアが作ろうとしているのは、いわゆる許可型ブロックチェーンだ。招待を受けて初めてテクノロジーを実装できるため、現在複数の銀行が関心を持っている。逆にビットコインのような許可不要のブロックチェーンは、編集できないがゆえに、改ざん不可能な取引記録が提供される、という事実で成り立っている。ただし、アクセンチュアは、純粋なブロックチェーンには面倒な間違いが修正されないまま残る可能性があるため、編集不可能なシステムは「特殊な状況」でのみ利用できるものだ、と主張している。

もっとも、こうしたアイデアはブロックチェーンの原理主義者から不興を買っている。 ロイター通信の取材に答えたコンサルタント会社ディスリティクスのゲイリー・ナトールは、「編集可能なブロックチェーンなんてただのデータベースでしょう。ブロックチェーンの真価は変更不可能性にあるのですから、アクセンチュアのやっていることはブロックチェーンを駄目にするだけです」といった。

だが、編集の記録までなくなることはなさそうだ。法律上、金融機関は取引記録を完全な形で残しておく義務がある。後々の調整のために関係者しか閲覧できない状態にとどまるとしても、おそらく編集記録は何らかの形で保持されるはずだ。

企業がブロックチェーンのアイデアにひねりを加えようとするのはこれが初めてではない。多くの銀行がビットコインの技術的な機構に魅力を感じているらしい一方、たとえば、こうした機構を大きく変えるような方法も開発している。取引のシステムを高速化するため、また複数の通貨をスムーズに取り扱うためにプライベートなブロックチェーンを使うのも、その一例だ。

アクセンチュアの特許取得のニュースは、どのようなテクノロジーでも進化しうるし、進化させなければいけないことを思い出させてくれる。ブロックチェーンの本質に手を加える行為は、初期からこのテクノロジーに関わっていた人々を苛立たせるかもしれない。だがこうした動きは、ブロックチェーンが技術好きの保護からひとり立ちし、世界中の銀行で利用されるシステムへと成長するために必要なことだろう。

(関連記事:Financial Times, Reuters, “Banks Embrace Bitcoin’s Heart but Not Its Soul,” “Why Bitcoin Could Be Much More Than a Currency”)

人気の記事ランキング
  1. A million-word novel got censored before it was even shared. Now Chinese users want answers. 「この原稿は違法です」中国のワープロソフト、未公開小説をロック
  2. Corruption is sending shock waves through China’s chipmaking industry 中国の半導体産業に激震、国有ファンド幹部逮捕で投資方針見直しか
  3. Homophobic misinformation is making it harder to contain the spread of monkeypox 「サル痘」感染拡大でまた陰謀論、同性愛嫌悪の誤情報も拡散
  4. OpenAI is ready to sell DALL-E to its first million customers オープンAI、文章から画像を描く「DALL-E2」を100万人に提供
  5. How EnChroma’s Glasses Correct Color-Blindness 色覚補正メガネ エンクロマの仕組み
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. A million-word novel got censored before it was even shared. Now Chinese users want answers. 「この原稿は違法です」中国のワープロソフト、未公開小説をロック
  2. Corruption is sending shock waves through China’s chipmaking industry 中国の半導体産業に激震、国有ファンド幹部逮捕で投資方針見直しか
  3. Homophobic misinformation is making it harder to contain the spread of monkeypox 「サル痘」感染拡大でまた陰謀論、同性愛嫌悪の誤情報も拡散
  4. OpenAI is ready to sell DALL-E to its first million customers オープンAI、文章から画像を描く「DALL-E2」を100万人に提供
  5. How EnChroma’s Glasses Correct Color-Blindness 色覚補正メガネ エンクロマの仕組み
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る