1. コネクティビティ
    2017年に始まった新規暗号通貨公開(ICO)ブームは、一夜にして何億ドルもの資金を調達できることを実証したが、米国証券取引委員会(SEC)の摘発によって終了した。だが、ブロックチェーンベースの「デジタル証券」によって合法的なICOを実現し、誰もが新しい企業や技術に投資できるようにしようとする動きが始まっている。 Mike Orcutt61日前
  2. コネクティビティ
    「ブロックチェーンは改ざん不可能」という売り文句は、もはや過去のものになろうとしている。これまで比較的マイナーな暗号通貨を狙っていた51%攻撃が、メジャーな暗号通貨であるイーサリアム・クラシックを襲ったことは大きな衝撃を与え、「乗っ取り」も現実になってきた。 Mike Orcutt5カ月前
  3. コネクティビティ
    暗号通貨バブル崩壊でもアクセル全開、バイナンスの「ヤバい」戦略
    暗号通貨取引所バイナンス(Binance)の勢いが止まらない。だが、脱法的とも言える同社の手法がいつまで通用するのか、先行きは不透明だ。 Mike Orcutt5カ月前
  4. コネクティビティ
    SEC見解に動揺、人気ステーブルコインは「有価証券」なのか?
    アルゴリズムによって価格の安定を図っている暗号通貨「ダイ(Dai)」が話題だ。だが、米国証券取引委員会(SEC)高官が規制対象となるステーブルコイン(安定通貨)について新たな見解を示したことで、動揺が広がっている。 Mike Orcutt5カ月前
  5. コネクティビティ
    ブロックチェーン・スマホは「Web 3.0」の夢を見るか?
    暗号通貨の秘密鍵を安全に保管できる「ブロックチェーン・スマホ」が暗号通貨愛好家の関心を集めている。Web3.0とも呼ばれる「非中央集権型Web」実現への一歩となるのだろうか。 Mike Orcutt6カ月前
  6. コネクティビティ
    暗号資産業界は政府に何を求めているのか?
    ブロックチェーン業界は、規制当局が暗号通貨に対して明確な姿勢を示していないことが一般企業や消費者を不安にし、イノベーションを妨げているという。 Mike Orcutt6カ月前
  7. コネクティビティ
    世界有数の現金大国である日本が、キャッシュレス社会の実現へと動き出した。クレジットカードなどの既存の決済手段の普及が遅れている日本は、先進的なテクノロジーを一足飛びに導入して成功できる可能性がある。 Mike Orcutt6カ月前
  8. ビジネス・インパクト
    暗号通貨市場で虚偽の情報を流して価格を吊り上げる「パンプ&ダンプ(風説の流布)」が蔓延している。あまり知られていなかった詐欺の手口や仕組みについて、実例に基づいて調べた研究成果が発表された。機械学習で兆候を事前に検出することにも成功したという。 Emerging Technology from the arXiv7カ月前
  9. コネクティビティ
    一時は世間を熱狂させたイーサリアムだが、「クリプトキティ」事件でパフォーマンス問題が露見して以来、大規模な非中央集権型アプリケーションへの適用が疑問視されている。イーサリアムの創始者であるヴィタリック・ブテリンは新バージョン「イーサリアム2.0」で解決できるというが、理想を実現できるのだろうか。 Mike Orcutt7カ月前
  10. ビジネス・インパクト
    セキュリティ専門家であっても個々のビットコインの動きを追跡できないことは、暗号通貨が「マネロンの温床」と呼ばれる一因となっている。しかし、ビットコインによる資金洗浄の隠れたパターンを解明する新しいアルゴリズムが開発されたことで、状況が変わる可能性がある。 Emerging Technology from the arXiv7カ月前
  11. コネクティビティ
    暗号通貨「Zキャッシュ」の開発チームが、同暗号通貨に含まれていたバグを秘密裏に修正していたことが明らかになった。今回の件で、暗号通貨の支持者たちが理想として掲げる「非中央集権化」とは一体何を意味するのかが、改めて議論となっている。 Mike Orcutt7カ月前
  12. コネクティビティ
    たった1年で7割が溶けた
    暗号通貨業界の2018年
    ビットコインの価格はわずか1年で70%も下落した。ビットコインだけではない。すべての暗号通貨が暴落した2018年、暗号通貨の世界で何が起こったのか。Mike Orcutt9カ月前
  13. コネクティビティ
    暗号通貨業界で「ステーブルコイン」が過熱する理由
    暗号通貨は決済にはほとんど使われておらず、現時点では「通貨」とは呼べない。そこで、暗号通貨業界ではステーブルコイン(安定通貨)が急増している。だが、価格を安定させるための技術や手法は初期段階にあり、過大な期待は危険だと識者は警告する。 Mike Orcutt11カ月前
  14. コネクティビティ
    現在のインターネットは実質上、Webサイトなどへのアクセスの制御権がアマゾンやグーグルと言った一部の大企業に握られた中央集権型の構造になっている。しかし、新たに登場したハイパーメディア分散プロトコルである「インタープラネタリー・ファイル・システム(IPFS)」がこの状況を変え、非中央集権型の新たなインターネットの世界を生み出すかもしれない。 Mike Orcutt11カ月前
  15. コネクティビティ
    NY州の調査で判明した、暗号通貨取引所の「お粗末な実態」
    ニューヨーク州の司法当局が公表した、暗号通貨取引所に対する実態調査の結果が暗号通貨界隈で話題になっている。投資家を不正から守る「規制推進派」を喜ばせるような内容になっており、一部関係者の反発を招いている。 Mike Orcutt12カ月前
  16. ビジネス・インパクト
    世界規模でブロックチェーンを実証する「世界銀行」の凄み
    世界の貧困問題の解決のために、世界銀行はブロックチェーンの実証に本気で取り組んでいる。まだ実験段階だが、 努力はまだ実験段階だが、成果は次第に出始めているという。 Mike Orcutt12カ月前
  17. コネクティビティ
    ウォール街の企業がビットコインの取引に参入することを発表し、暗号通貨が金融市場の本流へ進出する可能性が高まってきた。だが、ウォール街で長い経歴を持つビットコインの熱烈な愛好家は、ウォール街企業がビットコインを従来の資産と同様に扱うと惨憺たる結果をもたらすかもしれないと指摘する。 Mike Orcutt12カ月前
  18. コネクティビティ
    風力発電所とサーバーを「垂直統合」、ビットコイン採掘で新モデル
    暗号通貨の採掘に使われる電力量が急増しているのを受けて、暗号通貨の採掘用の電力を再生可能エネルギーで供給しようとする企業が登場した。中国の石炭火力発電と同じくらい安価な電力を供給できるとするビジネスモデルは、環境に優しいだけでなく、再生可能エネルギー開発に投資する新たな方法となるという。 Mike Orcutt13カ月前
  19. コネクティビティ
    チェーンの呪縛——愛と喪失とブロックチェーンの物語
    ブロックチェーンとAIがもたらす、美しく、恐ろしい近未来の物語。MITテクノロジーレビュー米国版のブロックチェーン特集に掲載された、ハンヌ・ライアニエミによる書き下ろしのSF短編小説を転載する。 Hannu Rajaniemi13カ月前
  20. コネクティビティ
    ブロックチェーンベースの予測市場プラットフォーム「オーガー」は、暗殺を促しかねない予測市場が立ち上がっていることで有名になった。しかしオーガーは、もっと面倒な問題となる違法行為をすでに助長させている可能性がある。米国では一般的に予測市場は許可されていないのだ。オーガーは、プラットフォーム上でユーザーがすることには関与できないと主張している。 Mike Orcutt14カ月前
  21. コネクティビティ
    UCバークレーの「天才」教授が創業したスタートアップ企業がブロックチェーン界隈で話題だ。ブロックチェーンの弱点をおぎない、スマート・コントラクトを実用化する現実的なテクノロジーを開発したという。 Mike Orcutt14カ月前
  22. コネクティビティ
    ビットコインは、経済的にはそれほど重要ではないとする経済学者が現れた。重要であればネットワークが多くの攻撃を受けるはずだが、安全性を保つために高いコストをかけているため、ビットコインは経済性に欠けるという分析だ。 Mike Orcutt14カ月前
  23. コネクティビティ
    2017年に40億ドルも集めた新しいブロック・チェーン、イオス(EOS)は素早いトランザクションが魅力だが、ネットワークが稼働するまでにはかなりの時間がかかった。ネットワークの効率的な管理は必須だが、非中央集権化が十分なのかという検証も必要だろう。 Mike Orcutt15カ月前
  24. コネクティビティ
    暗号通貨の採掘に特化したASICによって、採掘市場の「独占」傾向が強まっている。アルゴリズムの変更で対応する動きがあるが、限界があるという。 Mike Orcutt15カ月前
  25. コネクティビティ
    ブロックチェーン関連記事を読む前に押さえておきたい用語集
    難解な専門用語のせいで、テクノロジーが理解しがたい、あるいは退屈なものに思えてしまうことがある。ブロックチェーン関連記事を読むときに役立つ専門用語集を掲載する。 MIT Technology Review Editors15カ月前
  26. コネクティビティ
    ブロックチェーンが新しい金融システムのインフラになるためには、インターネットのような相互運用性が鍵になるだろう。他のブロックチェーンに暗号資産を移すなどの仕組みを工夫し、攻撃に対する耐性を高める必要がある。 Mike Orcutt15カ月前
  27. コネクティビティ
    暗号通貨を本物の通貨として使えるようにするには、現在のような激しい価格変動が伴う仕組みを変える必要がある。価格を法定通貨の価格に固定させた暗号通貨「ステーブルコイン(安定通貨)」に対する関心が高まっている。 Mike Orcutt15カ月前
  28. コネクティビティ
    ブロックチェーンは安全だといわれているが、本当にそうなのだろうか? なぜ、ブロックチェーンは安全と言われているのだろうか? 理論と社会実装における安全性を改めて確認する。 Mike Orcutt15カ月前
  29. コネクティビティ
    暗号通貨の世界で隆盛を極めているビットコインだが、衰退する可能性はあるのだろうか。ビットコインがトップの座から転落して不要のものとなる3つのシナリオを提示し、これらのシナリオに対抗すべく信奉者たちが拠り所とするであろうビットコインのプライバシーについて検討する。 Morgen Peck16カ月前
  30. コネクティビティ
    暗号通貨の価値はどう測るべきか? 指標化に取り組む投資家
    クリス・バーニスクは、暗号トークンの価値を評価する新たなツールを開発している。多くの方法が生み出されており、どれも株式市場などで使われているツールよりも未熟だが、これから理解が深まるはずだという。 Mike Orcutt16カ月前
  31. コネクティビティ
    あなたがブロックチェーンに
    ハマっているのはなぜ?
    13人に聞いてみた
    賛否両論があるブロックチェーンベースの暗号通貨を信奉者はどう捉えているのだろうか。米国と英国で開催されたブロックチェーン関連カンファレンスに記者を送り込み、「大金持ちになりそこねた人」や「家を買った人」に直接話を聞いてみた。 Dan Solomon16カ月前
  32. コネクティビティ
    リップルもイーサリアムも有価証券の可能性、米CTFC元委員長
    現在MITの講師を務めるゲーリー・ゲンスラー元CTFC委員長は、暗号通貨は証券として規制する必要があるかもしれないと話した。 Mike Orcutt16カ月前
  33. コネクティビティ
    ブロックチェーンは世界を変えられる——「暗号通貨の女王」語る
    「暗号通貨の女王」「ブロックチェーンのマドンナ」と異名を取る元JPモルガン・ チェース銀行のアンバー・バルデット。ブロックチェーン・アプリケーションの可能性とゼロ知識証明について講演した。 Michael Reilly16カ月前
  34. コネクティビティ
    ICOで2億ドル超を調達、暗号通貨テゾスのCEOは強気一辺倒
    ICOで2億ドル超も調達して一躍注目を浴び、詐欺疑惑もある暗号通貨「テゾス」のCEOは、終始強気の姿勢を崩さなかった。 Michael Reilly16カ月前
  35. コネクティビティ
    ナップスターの開発者ショーン・ファニングらが創業したヘリウム(Helium)は、ブロックチェーンの仕組みを利用して、安価でどこででも利用可能なIoTデバイス向けのネットワーク網を構築する計画だ。 Mike Orcutt16カ月前
  36. コネクティビティ
    今をときめくブロックチェーン業界にジェンダー差別が存在するとの悪評が立っているが、実際のところはどうなのか。JPモルガン・チェース銀行でブロックチェーンのプロジェクトを主導し、5月にはスタートアップを設立した「ブロックチェーンのマドンナ」と異名を取る人物に聞いた。 Morgan Peck16カ月前
  37. コネクティビティ
    ビットコインに代表される暗号通貨の犯罪利用(クリプトクライム)が後を絶たない。いまのところ犯罪者が優位な立場にあるが、暗号通貨の世界を安全なものにしようと取り組む研究者たちによって、状況は少しずつ変わりつつある。 Douglas Heaven16カ月前
  38. コネクティビティ
    脱税か? 過払いか? 暗号通貨への課税をめぐって米国で混乱
    暗号通貨に関する米国の課税方針は不明瞭だ。そのスキをついて脱税に走るか、まじめに納税して税を過払いするか。現行法制度下での暗号通貨の取引は難しい問題をはらんでいる。 Mike Orcutt16カ月前
  39. コネクティビティ
    ヨルダンの難民キャンプでは50万人のシリア難民が暮らし、世界食糧計画(WFP)が「食料のための現金」を配っている。その人道支援を支えているのは暗号通貨イーサリアムのブロックチェーン技術だ。支援の効率化にとどまらず、難民に身分証明を提供するビジョンもある。 Russ Juskalian16カ月前
  40. 知性を宿す機械
    銀行の床下でも「副業」、蔓延するクリプトジャッキング
    他人の端末を乗っ取って無断で暗号通貨を採掘する「クリプトジャッキング」の脅威が広がっている。「EmTechデジタル」におけるサイバーセキュリティ会社ダークトレースの講演によると、同社の顧客5000社のうち1000社でクリプトジャッキングを検知したという。 James Temple18カ月前
  41. コネクティビティ
    米国の州でブロックチェーン関連技術である「スマート・コントラクト」に関する立法が続いている。しかし、決める必要がないようなことを決めたり、それぞれの州で用語をまちまちに定義したりしており、このままでは混乱を引き起こし、技術の発展を阻害することにもなりかねない。 Mike Orcutt18カ月前
  42. コネクティビティ
    3月に出された米証券取引委員会(SEC)の警告により、資金調達の手段として一大ブームを巻き起こした従来の新規暗号通貨公開(ICO)は終焉を迎えた。しかし、規制の新しい枠組みに合わせた次世代のICOを虎視眈々と狙うスタートアップ企業は後を絶たない。 Mike Orcutt18カ月前
  43. コネクティビティ
    誰がどう規制するのか?
    混乱止まない暗号通貨の行方
    日本で起きたコインチェック事件、テザー(Tether)をめぐる疑惑など、年明けから暗号通貨をめぐる混乱が止まらない。さまざまな問題を受けて、米国でも当局による規制を強化しようとする動きが現れている。今後は、規制機関の州境を越えた協力や、国際的なルール作りも必要になるだろう。 Mike Orcutt2年前
  44. 生命の再定義
    ブロックチェーンで遺伝子データを売買、ハーバード大教授の狙い
    ハーバード大学の著名な遺伝学者が遺伝子解析企業を創業した。遺伝子データをブロックチェーンを通じて製薬会社や研究機関に共有し、データ所有者が暗号通貨を得られるサービスを提供するという。 Emily Mullin2年前
  45. コネクティビティ
    コインチェック事件
    ブロックチェーン企業も
    対岸の火事ではない
    巨額の暗号通貨が流出したコインチェック事件をずさんな一取引所の問題と片付けるのは簡単だ。だが、ブロックチェーン技術が暗号通貨以外にも幅広く使われようとしている現在、ブロックチェーンを利用する企業は真剣に捉えるべきだ。 Mike Orcutt2年前
  46. コネクティビティ
    メッセージング・サービスの会社であるテレグラムが、20億ドル規模の新規暗号通貨公開(ICO)を実施する計画であることを発表した。同社は、ブロックチェーンの最も厄介ないくつかの課題を解決するとしているが、その方法について詳細を明らかにしていないため、専門家の間で疑念が広がっている。 Mike Orcutt2年前
  47. 知性を宿す機械
    他人のデバイスの処理能力を盗んで暗号通貨を採掘する「クリプトジャッキング」が世界中で猛威を振るっている。あるセキュリティ企業によると、世界中の55%もの組織がクリプトジャッキングの影響を受けているという。 Jamie Condliffe2年前
  48. コネクティビティ
    ビットコインなどの暗号通貨に対する姿勢は国によって揺れている。一時、ビットコインの取引の大半を占めた中国は、ブロックチェーンを評価しながらも、ビットコインの封じ込めに躍起になっている。 Emily Parker2年前
  49. コネクティビティ
    リップルは有望でもXRPが「次のビットコイン」にならない理由
    2017年12月にリップルが運営する暗号通貨XRPが高騰した。次なるビットコインかと色めき立った人たちもいるが、XRPはビットコインとは根本的に異なるところがある。 Mike Orcutt2年前
  50. コネクティビティ
    「ビットコインは投資ではなくWebの再発明」信者たちの主張
    多くの日本人にとってビットコインは単なる投資商品の1つでしかない。だが、熱狂的なビットコイン信者の中には、「新たなWebの発明」だと主張する人々もいる。 Mike Orcutt2年前
  51. コネクティビティ
    「ビットコインの終わり」が告げるブロックチェーン新時代の幕開け
    連日のようにメディアをにぎわせている仮想通貨ビットコインは、「通貨」としてはほとんど使われていない。企業の関心は、ビットコインが残した基盤技術のブロックチェーンをどう使うか? に移ってきている。Koichi Motoda2年前
  52. コネクティビティ
    ビットコインなどの基盤技術であるブロックチェーンを全く使用しない暗号通貨「IOTA(イオタあるいはアイオタ)」が注目されている。有向非巡回グラフの「もつれ」と呼ばれる数学的概念を使うことで、ブロックチェーンよりも低コストで取引ができ、IoT(モノのインターネット)での大規模な運用が可能になるとしている。 Mike Orcutt2年前
  53. ビジネス・インパクト
    韓国が暗号通貨ブームに沸き立っている。韓国政府が新規仮想通貨公開(ICO)禁止令を出したり、取引所に対する北朝鮮からのサイバー攻撃が確認されたりしても、仮想通貨熱は冷める兆しを見せない。 Yoochul Kim2年前
  54. コネクティビティ
    食のトレーサビリティに
    ブロックチェーンを活用、
    七面鳥が実験台に
    暗号通貨ビットコインの基盤技術であるブロックチェーンを、様々な分野に応用しようとする試みが広がっている。米食品大手のカーギルは、ブロックチェーンを用いて、感謝祭向けの七面鳥の流通を追跡するシステムを開発し、家族経営農家や消費者が利用できるようにした。 Mike Orcutt2年前
  55. コネクティビティ
    なぜイーサリアムは
    ビットコイン以上に
    世界を熱狂させるのか?
    ビットコインが有名になるにつれて、その中核技術であるブロックチェーンを様々な用途に使おうとする試みが増えている。しかし、ビットコインのブロックチェーンは基本的に通貨取引向けなので、適用範囲に限界がある。そこで注目されているのが「イーサリアム」だ。 Mike Orcutt2年前
  56. ビジネス・インパクト
    世界有数の観光地として知られるドバイはいま、中東におけるスタートアップの聖地として急速に変貌を遂げている。政府によるブロックチェーンの導入、建築物への3Dプリンターの活用などが進むドバイに、若く優秀な才能が集積しているのだ。配車サービスからビットコインまで、中東のスタートアップ企業5社がなぜ成功できたのか? 米国の起業家で、投資家のクリストファー・M・シュレーダーがレポートする。 Christopher M. Schroeder2年前
  57. コネクティビティ
    暗号通貨でひと儲け、ハッカーよりも怖い「内職」が横行か
    Webサイトの訪問者に暗号通貨を採掘させる「コインハイブ」をハッカーが悪用するケースが相次いでいる。だが、スキルの高い従業員が社内のサーバー・リソースを使ってこっそり「内職」に励むケースもあるようだ。 Mike Orcutt2年前
  58. コネクティビティ
    消えゆく現金、
    暗号通貨に置き換わるか
    中央銀行は暗号通貨のメリットに注目している。古い金融システムを置き換える準備を進めているからだ。一方で、デジタルチェーンの利用は中央銀行の存在感を脅かすことになる。その矛盾を解決する手段はあるのだろうか。 Mike Orcutt2年前
  59. ビジネス・インパクト
    ビットコインは「マネロンの温床」の汚名を返上できるか
    中国の規制強化、JPモルガンCEOの「詐欺」発言など、ビットコインをめぐる動きが騒がしい。一方で、資金洗浄や薬物販売といった犯罪目的でのビットコインの利用を追跡する捜査当局の動きも加速している。 Mike Orcutt2年前
  60. ビジネス・インパクト
    日本では仮想株式のバリュー(VALU)が話題だが、ICO(新規仮想通貨公開)による資金調達は世界的なブームだ。米国では詐欺の危険性が指摘され、中国ではついに当局によってICOが禁止された。だが、さまざまな問題点を抱えても、ICOは次のイノベーションにつながる可能性を秘めている。 Mike Orcutt2年前
  61. ビジネス・インパクト
    ブロックチェーンが変えた
    フィンランドの難民支援
    身分証明がない、銀行口座が作れない——。そんな難民の課題を、フィンランドはブロックチェーンを活用した新しいシステムで解決しようとしている。 Mike Orcutt2年前
  62. ビジネス・インパクト
    ブロックチェーンは仮想通貨バブルを乗り越えられるか
    ビットコインの価値は大きく膨らんでいるが、有識者が集うカンファレンスではまだブロックチェーンの技術研究を深めるべきだとの発言が相次いだ。法制度や規制に関する議論もこれからだ。 Yasuhiro Hatabe2年前
  63. コネクティビティ
    ビットコインが分裂、何が起きたのか?
    ビットコインが分裂して「ビットコイン・キャッシュ」が誕生。今後の動きは、採掘者次第だ。 Mike Orcutt2年前
  64. コネクティビティ
    ビットコインの分裂は避けられるか
    ビットコインがより有用な通貨になるために進化しようとしている。そこには、過去に物理的な通貨がたどった道のりと同じように、まだまだ乗り越えなければならない壁があるようだ。 Jamie Condliffe2年前
  65. 知性を宿す機械
    中国人民銀行は、汚職の撲滅や幅広く人民元を流通させるためにも、独自の電子通貨を開発して導入する準備を進めている。電子通貨を導入する初の国家となるのだろうか。 Will Knight2年前
  66. コネクティビティ
    ワナクライよりも稼ぐマルウェアが密かに蔓延していた
    NSAから盗まれたエクスプロイトを使った、ワナクライよりもはるかに稼いでいるマルウェアが見つかった。なんと、4月から密かに活動を続け、不当に100万ドル以上を稼いだそうだ。しかし、盗まれたエクスプロイトの実態は解明されていないので、これが終わりではない。 Jamie Condliffe and Michael Reilly2年前
  67. ビジネス・インパクト
    巨大銀行はなぜブロックチェーンを研究しているのか?
    巨大銀行や大企業は、デジタル通貨のためにブロックチェーンを研究しているわけではない。巨額の投資をせずに構築できる、信頼できる分散データベースの可能性に目を付けているのだ。 MIT Technology Review Japan3年前
  68. コネクティビティ
    ビットコイン高値更新でも影響力はウズベキスタン通貨並み
    暗号通貨ビットコインが過去3年間での最高値更新。これで喜んでいるのは素人だ。 Jamie Condliffe3年前
  69. コネクティビティ
    編集可能なブロックチェーン
    アクセンチュアが特許取得
    巨大金融機関の採用を目指すブロックチェーンの改良版は、原理主義者には歓迎されないとしても、テクノロジーの普及には欠かせないことかもしれない。 Jamie Condliffe3年前
  70. コネクティビティ
    イングランド銀行が作らせたビットコイン風のデジタル通貨
    イングランド銀行は、ブロックチェーンを使っていても中央集権的に制御できるビットコイン風の通貨を研究者に開発させた。中央サーバーは不要だが、金融機関を締め出すわけでもなく、既存の金融秩序に組み込みやすくできている。 Tom Simonite4年前
  71. ビジネス・インパクト
    ビットコイン取引、暗号通貨が上限に達し行き詰まり
    ビットコインが能力の上限に到達し、広範囲で利用する構想が座礁する恐れがある。 Tom Simonite4年前