KADOKAWA Technology Review
×
コネクティビティ 無料会員限定
Watching the Debate on Twitter Only Made It More Surreal

テレビ局対ネットメディア 米国初の本格的ネット選挙

大統領候補による公開討論は党派主義ばかりが目立ち、ますます分裂が深まった。 by Nanette Byrnes2016.09.28

26日夜のドナルド・トランプ候補とヒラリー・クリントン候補による今年初めての候補者討論会は、ウォール・ストリート・ジャーナル紙からバズフィードまで、10以上のWebサイトで生中継された。スナップチャットは、初めから終わりまで「ライブストーリー」を流した。ホフストラ大学の学生は、フェイスブック・ライブを放送していた。というわけで、不要な放送ばかりなのが嫌になってケーブルテレビとの契約をキャンセルした人でも、激しい舌戦を見るために契約を再開する必要はなかった。

私はツイッターで90分間の討論会ストリーム・ライブを見た。ツイッターは、両候補にとって大きなプラットフォーム(@realDonaldTrump のフォロワーは約1186万、@HillaryClintonのフォロワーは約917万)なので、最適な気がしたのだ。

NFLの試合を放送するように、ツイッターは専用の枠内に映像を流し、同時に汎用ハッシュタグ、#debatenight.を付けて次々とユーザーのコメントを流した。いかにもツイッターらしく、コメントは機知の富んだものから、すっかり錯乱したものまであった。しかし壇上の舌戦と張り合うのは難しかった。

クリントン候補とトランプ候補はほとんど間髪を入れずにぶつかった。壇上で、討論は収拾がつかなくなっているように思えた。ニュースバスターズのブレント・ボーゼルは、司会のレスター・ホルトがトランプ候補に偏見を抱いていると見なしていたが、私はボーゼルは自分を抑えていると感じた。

事実確認は、ツイッターでずっと続くテーマだった。討論会の早い段階で、クリントン候補は自分のWebサイトに行くように視聴者を促した。Webサイトでクリントン候補のスタッフが事実関係を明確にすることになっていたが、多くの報道機関が独自の評価をツイートしていた。私のノートパソ …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)の実現に向けて、世界各国で研究開発が加速する脱炭素技術、社会実装が進む気候変動の緩和・適応策などGX(グリーン・トランスフォーメーション)の最新動向を丸ごと1冊取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る