KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!

ブロックチェーン 2019年12月の記事

  1. Can photonic chips save Bitcoin?
    「電気喰い」で知られるビットコインのマイニング・コストを下げるさまざまな方法が研究されている。光コンピューティングを使った「光プルーフ・オブ・ワーク」は問題の解決になるのだろうか? by Emerging Technology from the arXiv2019.12.26
  2. 「リブラ」登場で変わる暗号通貨の2020年を占う
    2019年7月、暗号通貨の熱狂が忘れ去られたころに発表されたフェイスブックの暗号通貨「リブラ」は、各国の政府や中央銀行からの批判の矢面に立たされた。しかし、中国をはじめとするいくつかの国々は既に暗号通貨への取り組みを進めており、2020年には米国政府も暗号通貨を無視できなくなるだろう。 by Mike Orcutt2019.12.26
  3. 「現金需要は強い」FRB議長、デジタル版ドルに慎重姿勢崩さず
    中央銀行発行のデジタル通貨は「現金離れ」に端を発するいくつかの問題を抱えている他国では恩恵があるかもしれないが、米国の事情は異なるという。連邦準備制度理事会のパウエル議長の見解。 by Mike Orcutt2019.12.10
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る