KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!

気候変動/エネルギー 2020年9月の記事

  1. If China plans to go carbon neutral by 2060, why is it building so many coal plants?
    中国が60年までにカーボンニュートラル、石炭発電所の新設は続く
    中国は、2060年までにカーボンニュートラルを達成する計画を発表した。世界最大の気候汚染国家であり、現在も石炭火力発電所を次々と建設している中国の発表を鵜呑みにはできないが、より厳しい温室効果ガス政策の導入に向けて動いている可能性はある。 by James Temple2020.9.29
  2. カリフォルニア州がガソリン車販売禁止へ 実現へ高いハードル
    カリフォルニア州のニューサム知事は、同州で販売される乗用車および小型トラックの新車を、2035年までに全て電気自動車にする計画を明らかにした。自動車業界からの反発は必至だ。 by James Temple2020.9.26
  3. トランプ政権、環境政策の撤回で温室効果ガス20億トン上積みか
    調査会社ロジウム・グループの新たな分析によると、トランプ政権が自動車排出ガスやメタンなどに関する規定を弱体化あるいは白紙撤回したことで、2035年までに温室効果ガスの排出量が20億トン近く上積みされる可能性がある。 by James Temple2020.9.23
  4. 主張:米・新大統領は温暖化対策への投資を3倍にすべきだ
    コロンビア大学グローバル・エナジー・ポリシー・センターの研究者らは、米連邦政府によるクリーンエネルギー研究開発実証への投資を3倍に増加するための詳細なロードマップを発表した。クリーンエネルギー技術への投資は、国際的な気候変動対策において米国ができる最も重要な貢献だという。 by Julio Friedmann2020.9.17
  5. 地球温暖化によるエアコン使用量の増加は、急激な電力需要の増加と大量の温室効果ガスの排出につながっている。さらなるエアコン設置台数の増加に伴う「冷房の危機」を回避するための抜本的な変革が必要だ。 by James Temple2020.9.15
  6. In defense of California
    コロナ禍での山火事、停電 カリフォルニア州は「終わった」のか?
    カリフォルニア州は現在、新型コロナウイルスのパンデミックも収まらないうちに、大規模な停電や山火事をはじめとする、地球温暖化が引き起こす深刻な問題に直面している。カリフォルニア州は終わったと書き立てるメディアもあるが、そうは思わない。 by James Temple2020.9.10
  7. Yes, climate change is almost certainly fueling California’s massive fires
    カリフォルニア州でまた山火事が多発、気候変動の影響は?
    カリフォルニア州全体で落雷による数百件の山火事が発生し、多くの住民が避難を余儀なくされている。異常気象の原因が地球温暖化であることはほぼ間違いない。 by James Temple2020.9.7
  8. Here’s how to keep California’s grid from buckling under the heat
    史上最高気温の加州で起きた停電、必要なのは再エネ批判ではない
    過去最高気温を記録したカリフォルニア州で起きた計画停電は、住民に深刻な健康リスクをもたらす。再生可能エネルギーの導入を積極的に進めてきた同州で求められる対策とは何か。 by James Temple2020.9.6
  9. Biden steps up his clean-energy plan, in a nod to climate activists
    改革に意欲も、慎重さも垣間見えるバイデン候補の気候変動対策
    ジョー・バイデン大統領候補が7月に発表した大規模な気候変動対策は、進歩派に配慮し、従来の対策を強化するものだ。一方で、依然として石炭産業と天然ガス産業が盛んな州の有権者の関心も引こうとしている。 by James Temple2020.9.3
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る