KADOKAWA Technology Review
×
【1/31まで】年末年始限定!お得に購読できるキャンペーン実施中
カリフォルニア州でまた山火事が多発、気候変動の影響は?
AP Photo/Noah Berger
Yes, climate change is almost certainly fueling California’s massive fires

カリフォルニア州でまた山火事が多発、気候変動の影響は?

カリフォルニア州全体で落雷による数百件の山火事が発生し、多くの住民が避難を余儀なくされている。異常気象の原因が地球温暖化であることはほぼ間違いない。 by James Temple2020.09.07

カリフォルニア州全域での数千回におよぶ落雷によって数百件もの火災が発生し、サンフランシスコのベイエリア周辺で大きな被害を出している。

炎は瞬く間に数十万エーカーに燃え広がり、空は煙で覆われ、地域の大部分に灰が降り注ぎ、数千人が避難を余儀なくされている。

火災は、カリフォルニア北部のからからに乾燥した冬と、州全体で過去最高の熱波を記録した夏が続き、草地や森林が燃えやすい状態になっていたところに発生した。地獄のような山火事は、カリフォルニア州史上最も破壊的で致命的な山火事シーズンが続いたあとに起きたものだ。

この一連の出来事によって再び浮上するのが、「人間が引き起こした気候変動のせいなのか?」「気候変動のせいで今回の火事が起こりやすくなったのか? あるいはより深刻になったのか?」という疑問だ。

長年、地球温暖化と特定の異常気象を結びつけることに抵抗してきた気候科学者らも、今ではほぼ間違いなく温暖化の影響だと述べるようになった。

バークレー大気科学センター(Berkeley Atmospheric Sciences Center)のデビッド・ロンプス所長はメールで、私たちは根本的に気候が変化した世界に生きていると述べた。ロンプス所長は、この時期の1日の平均気温は、カリフォルニア州バークレーでは、20世紀初めに比べて華氏3~4度(摂氏1.68~2.24度)も上がっていると指摘した。ロンプス所長は2014年にサイエンス誌に掲載された論文の筆頭筆者でもあるが、この論文では、気温が摂氏1度上昇するごとに米国全土で落雷数が約12%増加する可能性があることを発見している。

ロンプス所長は「単刀直入に言いましょう。熱波、落雷、それに植生の乾燥は、間違いなく地球温暖化の影響を受けています」と述べる。「地球温暖化のせいで、明らかに猛暑や落雷が増え、空気がより乾燥したのです」。

一方、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の気候科学者ダニエル・スウェイン博士は、最近の雷雨は北カリフォルニアでは非常に珍しく、気候変動が火事の原因になっているかどうかを判断するのは難しいという。

しかし、いわゆる異常気象のアトリビューション研究では、気候変動によって熱波が深刻化したことで、山火事が激しく急速に燃え広がるような条件を作り出していることは、何度も繰り返し明らかになっている。

スウェイン博士は、「基本的には、気候変動が熱波の悪化や発生頻度に大きな役割を果たしているのは明確です」と述べる。「それがどの程度なのかが問題なのです」。

世界気象アトリビューション(World Weather Attribution:WWA)の研究者で、オックスフォード大学環境変動研究所のフリーデリケ・オットー所長代理は、メールでこの見解に同調した。「今のように極端に高い気温は、人為的な気候変動がなければ発生しなかったであろうことは疑いの余地がありません。熱波に関しては、気候変動が絶対的なゲームチェンジャーであることは、膨大な数のアトリビューション分析によって証明されており、カリフォルニア州も例外ではありません」。

スウェイン博士が共同で執筆した、英学術誌「エンバイロメンタル・リサーチ・レターズ(Environmental Research Letters)」の最新論文によると、過去40年間で気温の上昇と降水量の減少が複合的に作用した結果、カリフォルニア州では秋に山火事が発生するリスクがすでに2倍になっている。今すぐ世界が大幅な排出量削減に着手しない限り、今後数10年でリスクがさらに2倍になることも明らかになっている。

人気の記事ランキング
  1. These scientists used CRISPR to put an alligator gene into catfish ワニの遺伝子を組み込んだ「CRISPRナマズ」が米国で誕生
  2. Why EVs won’t replace hybrid cars anytime soon トヨタの賭け、EV一辺倒ではなくハイブリッド車を売り続ける理由
  3. What’s next for batteries リチウムイオン以外の選択肢は台頭するか? 23年の電池業界を占う
  4. How AI-generated text is poisoning the internet AI生成コンテンツに汚染されるインターネット、その対策は?
ジェームス・テンプル [James Temple]米国版 エネルギー担当上級編集者
MITテクノロジーレビュー[米国版]のエネルギー担当上級編集者です。特に再生可能エネルギーと気候変動に対処するテクノロジーの取材に取り組んでいます。前職ではバージ(The Verge)の上級ディレクターを務めており、それ以前はリコード(Recode)の編集長代理、サンフランシスコ・クロニクル紙のコラムニストでした。エネルギーや気候変動の記事を書いていないときは、よく犬の散歩かカリフォルニアの景色をビデオ撮影しています。
2023年のテクノロジー大予測

2023年のテクノロジーはどう動くのか? AIから量子コンピューター、宇宙開発、mRNAワクチンまで、重要トレンドをMITテクノロジーレビューが徹底予測。各分野の専門家や有力プレイヤーへの取材をもとに、技術・資金・政策などの多角的な視点で解説する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. These scientists used CRISPR to put an alligator gene into catfish ワニの遺伝子を組み込んだ「CRISPRナマズ」が米国で誕生
  2. Why EVs won’t replace hybrid cars anytime soon トヨタの賭け、EV一辺倒ではなくハイブリッド車を売り続ける理由
  3. What’s next for batteries リチウムイオン以外の選択肢は台頭するか? 23年の電池業界を占う
  4. How AI-generated text is poisoning the internet AI生成コンテンツに汚染されるインターネット、その対策は?
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.9
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.9量子時代のコンピューティング

グーグルやIBMなどの巨大テック企業からベンチャーまで、世界的な開発競争が加速する「量子コンピューター」を中心に、コンピューティングの動向を取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る