KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!

倫理/政策 2022年1月の記事

  1. All charges against China Initiative defendant Gang Chen have been dismissed
    米司法省、MIT教授の起訴を取り下げ=チャイナ・イニシアチブ問題
    米国司法省は、MITのチェン・ガン教授に対する起訴をすべて取り下げた。チェン教授は、中国による経済スパイ活動や国家安全保障上の脅威に対抗する「チャイナ・イニシアチブ」の下で起訴されていた。by Eileen Guo2022.1.23
  2. 米チャイナ・イニシアチブにさらなる打撃、MIT教授の起訴取り下げへ
    中国による経済スパイ活動の脅威に対抗するための米司法省の取り組み「チャイナ・イニシアチブ」の下で実施されたマサチューセッツ工科大学のチェン教授に対する起訴は、取り下げられることが確実となった。by Eileen Guo2022.1.20
  3. 不透明な米チャイナ・イニシアチブ、司法省がサイト書き換えも
    米国政府が、国家安全保障における中国の脅威に対応するために2018年に開始した取り組み「チャイナ・イニシアチブ」には不透明な部分が多い。MITテクノロジーレビューは同イニシアチブの正当性や影響を調べるために、詳細なデータベースを構築している。 by Karen Hao2022.1.18
  4. 混乱する米国の対中強硬策、チャイナ・イニシアチブのお粗末な実態【本誌調査】
    トランプ政権が対中強硬策として始めた「チャイナ・イニシアチブ」の取り組みは現在、中国による経済スパイや米国安全保障への脅威に対抗するという当初の目的から逸脱してしまったことが、MITテクノロジーレビューの調査で明らかになった。 by Karen Hao2022.1.18
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る