KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!

倫理/政策 2023年4月の記事

  1. An early guide to policymaking on generative AI
    議員・政策立案者は生成AIの課題にどう向き合うべきか?
    GPT-4に代表される生成AIの優れた能力は世界中の人々を驚かせた。だが、その能力は悪事にも利用でき、新たな問題を引き起こす。議員や政策立案者は生成AIを現時点でどう捉えるべきか? by Tate Ryan-Mosley2023.4.25
  2. チャットGPTは弁護士の仕事をどう変えるのか?
    ChatGPTやGPT-4のような大規模言語モデルは、人間の仕事に少なからぬ影響を与えるとされている。言語を扱う仕事の中でも特に影響を受けそうな弁護士の世界を例に考えてみた。 by Tate Ryan-Mosley2023.4.18
  3. 中国テック事情:TikiTok「1時間制限」より厳しい中国の過剰規制
    ティックトックは、18歳未満のユーザーに対して、1日あたりの使用時間を1時間に制限すると発表した。しかし、中国政府は、国内版であるドウインに対して、はるかに厳しい規制を課している。by Zeyi Yang2023.4.17
  4. BTSのファン集団「BTSアーミー」に代表されるK-POPファンは、巨大な影響力と「推し活」で習得した戦術を使って、世界の市民運動を変えようとしている。政治にも影響を与えつつある彼らの姿を追った。 by Soo Youn2023.4.14
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る