KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!

倫理/政策 2023年5月の記事

  1. The internet is about to get a lot safer
    EUのデジタルサービス法はネットユーザーに何をもたらすか?
    世界的な巨大テック企業を規制するデジタルサービス法がEUで施行された。この法律の恩恵を受けるのはEUのユーザーに限らない、世界中のユーザーが恩恵を受けることになるはずだ。 by Tate Ryan-Mosley2023.5.23
  2. グーグル、ツイッター新方針でデジタル遺品整理が必要に
    ツイッターとグーグルが相次いで、長期間にわたって使われないアカウントを削除する方針を発表した。こうした方針を打ち出すテック企業は、この先もっと増えるだろうと専門家は予測する。by Tate Ryan-Mosley2023.5.22
  3. 中国テック事情:「国家データ局」はテック業界に何をもたらすか
    中国政府はデジタル・データの活用を推進する「国家データ局」の設立を発表した。プライバシーやセキュリティに関してどの程度の規制をしていくか、テック業界は動向を見守っている。by Zeyi Yang2023.5.18
  4. メタバースの「覆面警察官」が語った仕事への誇り
    人間のモデレーターが、実質現実(VR)の世界の安全性確保に不可欠であることが示されつつある。あるモデレーターは自分の仕事に誇りを持っていると語り、そのきっかけとなったある衝撃的な事件について話してくれた。by Tate Ryan-Mosley2023.5.15
  5. メタバースの安全を守る「覆面警察官」の仕事
    実質現実(VR)世界であるメタバースでは、暴力的コメントや詐欺行為、性的嫌がらせなど現実の世界で起こることはすべて起こりうる。そこで重要になるのが、メタバースに潜入してユーザーのポリシー違反を監視するコンテンツ・モデレーターだ。 by Tate Ryan-Mosley2023.5.10
  6. Why child safety bills are popping up all over the US
    子どもの夜間SNS禁止、米国で急速に広がるネット規制が波紋
    米国の複数の州で、子どもたちをネット上の脅威から守ることを謳った法案が提出されている。しかし、これらの法案の中身をよく見てみると、プライバシー侵害の疑いや実効性に疑問があるなど、問題が多い。 by Tate Ryan-Mosley2023.5.10
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る