KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!

倫理/政策 2023年6月の記事

  1. Junk websites filled with AI-generated text are pulling in money from programmatic ads
    生成AIで広告収入目的のゴミサイトが急増、1日1200本更新も
    広告収入目的の「MFA」と呼ばれる低品質なWebサイトで、生成AIの導入が進んでいることが分かった。中には1日1200本以上の記事を生成しているサイトもあり、自動化が急速に進んでいる様子が伺える。 by Tate Ryan-Mosley2023.6.28
  2. 欧州議会が「AI法」を可決、今後予想される5つの規制
    欧州議会において6月14日、「人工知能(AI)AI法」が圧倒的多数により可決された。施行までにはまだ時間を要するが、AIの利用には今後、さまざまな規制がかかることになりそうだ。 by Tate Ryan-Mosley2023.6.27
  3. 「人類滅亡」よりも心配すべき、生成AIの真のリスク
    6月上旬に開催された世界最大のデジタル権利会議「ライツコン」では、人工知能(AI)のリスクについて多く語られた。参加者たちは、将来の人類滅亡の可能性よりも、今ここにある害にもっと目を向けて欲しいと考えている。by Tate Ryan-Mosley2023.6.23
  4. 世界銀が資金提供するヨルダン貧困支援、アルゴリズムに問題
    ヨルダンで貧困者に現金を給付するかどうかを決めるのに使われているアルゴリズムは不当かつ不正確であり、給付を受けられるはずの申請者が除外されている可能性が高いという。人権団体の2年間におよぶ聞き取り調査の結果、明らかになった。by Tate Ryan-Mosley2023.6.21
  5. テック企業はなぜデマ・フェイク検出を改善しないのか?
    チャットGPT(ChatGPT)のような大規模言語モデルの登場で、憎悪や誤情報がますますネットに蔓延するのではないかとの予想もある。なぜテック企業はコンテンツ・モデレーションを改善しないのだろうか。 by Tate Ryan-Mosley2023.6.12
  6. China isn't waiting to set down rules on generative AI
    中国テック事情:生成AI規制に隠された政府のメッセージ
    生成AIをめぐって、中国政府がいち早く規制法案を発表した。だが、その内容は生成AIの開発を抑制することを目的としたものではないことが分かる。 by Zeyi Yang2023.6.5
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る