KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中

倫理/政策 2023年7月の記事

  1. How tech companies got access to our tax data
    米税務申告企業、数百万人分の個人情報をメタやグーグルに送信
    グーグルやメタといった大手テック企業は、ユーザーの興味に合う広告を表示するために、ユーザーの行動を追跡する技術を利用している。米国では税務申告支援サービスで数百万人分の個人情報が送信されていることが分かり、波紋が広がっている。 by Tate Ryan-Mosley2023.7.31
  2. 現金に代わる「デジタル・ドル」は一時大きな注目を浴びた。だがその後、政治的な議論に発展し、FRSとMITの研究プロジェクトが終了するなど、停滞している。 by Mike Orcutt2023.7.26
  3. AI採用ツール規制がニューヨークで施行、不評の理由は?
    人工知能(AI)と人材採用に関する法律が7月5日にニューヨーク市で施行された。だが、この法律は、求職者の権利を保護する公益団体や公民権擁護団体と、法律に従わなければならない企業の双方から、批判されている。 by Tate Ryan-Mosley2023.7.21
  4. どうなる米国のAI規制、押さえておきたい3つの視点
    米国議会においてAIを規制しようとする動きが活発になっている。そうした動きは多岐にわたっているが、すべての話に共通する3つの重要な主題がある。by Tate Ryan-Mosley2023.7.11
  5. 生成AIで増殖する「コンテンツファーム2.0」の新たな波
    広告マネー目当てに、生成AIを使って作られた「信頼できない」サイトがいくつも立ち上げられているという。ある調査によると、140以上の大手ブランドがそうとは知らずに広告を掲載し、コンテンツファームに資金を提供している。 by Tate Ryan-Mosley2023.7.5
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る