KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中

生物工学/医療 2023年9月の記事

  1. A cell that does it all
    タブーだったES細胞研究、25年前に本誌が報じたこと
    1990年代末から2000年代初頭にかけて、胚性幹細胞(ES細胞)の研究は大きな非難を浴び、米国政府からの資金援助を受けることもできなかった。25年が経った今、状況はどう変わったのか。 by MIT Technology Review Editors2023.9.29
  2. AIがん検診の落とし穴、過剰診断の問題をどう捉えるか?
    人工知能(AI)を用いたスクリーニング検査によってがんの発見件数が増えれば、死なずにすむ人が増えると一般には考えられている。しかし、過剰診断が増えれば、むしろ不利益をもたらす可能性もある。by Cassandra Willyard2023.9.27
  3. 「逆ワクチン」は自己免疫疾患の治療を根本から変えるか?
    一般的なワクチンは免疫システムに反応を促すが、免疫反応の抑制を目的とした「逆ワクチン」の研究が進んでいる。自己免疫疾患の治療に革命をもたらすかもしれない。by Cassandra Willyard2023.9.25
  4. ザッカーバーグ特別寄稿AIバーチャル細胞で目指す「病気のない世界」への道筋
    チャン・ザッカーバーグ・イニシアチブ(CZI)は、AIを活用したバーチャル細胞モデルにより、病気の原因や治療に関するブレークスルーを実現するという。共同設立者であるマーク・ザッカーバーグとプリシラ・チャンがその狙いを本誌に寄稿した。 by Mark Zuckerberg2023.9.25
  5. 遺伝子疾患の原因をAIで特定、グーグル・ディープマインド新技術
    ディープマインドは、遺伝子疾患の原因となる可能性が高い変異を予測するAIプログラム「アルファミスセンス(AlphaMissense)」を発表した。同社が以前に開発したタンパク質の形状を予測するプログラムをベースにしている。 by Antonio Regalado2023.9.21
  6. She was a semi-pro Go player but learned that biology is even harder
    幹細胞の行く末を決める、転写因子のアトラスを作った研究者
    幹細胞がどの細胞になるか、どの転写因子によって決まるのだろうか。かつてプロの囲碁棋士を目指していた気鋭の生物学者は、個々の転写因子が幹細胞にどのような影響を与えるかを示す「アトラス」を作成した。by Antonio Regalado2023.9.20
  7. Who benefits most from the new covid vaccines?
    秋接種が始まった新型コロナ・ワクチン、誰が接種すべきか?
    米CDCは生後6カ月以上の全ての人に、「XBB」株に対応した新型コロナ・ワクチンの接種を推奨する勧告を出した。だが、同ワクチンを接種することで本当に恩恵を受けるのは誰なのかを見極める必要がある。 by Cassandra Willyard2023.9.19
  8. After 25 years of hype, embryonic stem cells are still waiting for their moment
    25年前にヒト胚から初めて単離された胚性幹細胞(ES細胞)は当時、医療への応用で輝かしい展望が指摘されていた。だが今に至るまで、まだ治療法として確立されたものはない。 by Antonio Regalado2023.9.14
  9. What to know about this autumn’s covid vaccines
    新型コロナに秋の流行の兆し、ワクチンの現状は?
    新型コロナウイルス感染症の感染者が増加の兆しを見せ、ワクチンの追加接種もまもなく始まる。新たな変異株にワクチンはどの程度太刀打ちできるのだろうか。 by Cassandra Willyard2023.9.11
  10. Here’s why I am coining the term “embryo tech”
    ES細胞誕生から25年、「エンブリオテック」は起爆剤になるか
    25年前にヒト胚から最初に樹立されたES細胞の研究には、膨大な時間と資金が投入されてきた。だが、まだ承認済みの治療法を生み出せていない。by Antonio Regalado2023.9.7
  11. A biotech company says it put dopamine-making cells into people’s brains
    パーキンソン病患者にES細胞由来ドーパミン細胞を移植
    バイエル傘下のバイオテック企業などが、12人のパーキンソン病患者の脳に、胚性幹細胞(ES細胞)由来のドーパミンニューロンを移植する治験を実施した。同社によると、現時点では症状が緩和している被験者もいるという。 by Antonio Regalado2023.9.4
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る