KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!

倫理/政策 2023年10月の記事

  1. How the idea of a "transgender contagion" went viral—and caused untold harm
    波紋広げた研究論文、トランスジェンダー伝染説はいかにして利用されたか
    性別違和(性同一性障害)はネットを介して伝染し、突然発症する——。5年前にある医師が発表した「ROGD(急性性別違和症候群)」をめぐる1報の論文は、科学的根拠に乏しいと否定されたにもかかわらず、今も大きな影響を与え続けている。 by Ben Kesslen2023.10.23
  2. STEMのジェンダー・ギャップを埋めるには?日本MIT会が議論
    MITの卒業生らで構成する日本MIT会は、MIT初の女性卒業生150周年を記念したイベントを都内で開き、STEM分野におけるジェンダー・ギャップ解消をテーマに議論した。 by Koichi Motoda2023.10.20
  3. 生成AI時代に「インターネットの自由」を取り戻す方法
    生成AI技術の普及に伴い、デマやプロパガンダなどでの悪用が懸念されている。インターネットをより安全で自由な環境にするために重要な3つの取り組みを紹介しよう。 by Tate Ryan-Mosley2023.10.19
  4. 子どもの安全か?ネットの自由か? 米SNS規制巡り議論
    子どものネット利用の安全確保を目的として、米国でソーシャルメディアなどへのアクセスを制限する法案が議論になっている。すでに先行して一部の州では州法が成立しているが、規制賛成派と反対派のそれぞれに言い分があり、一筋縄ではいかないだろう。by Tate Ryan-Mosley2023.10.9
  5. 偽情報とプロパガンダを拡散、AIがインターネットの危機を助長
    人権擁護団体のフリーダム・ハウスが新たに発表した報告書で、世界のインターネットの自由度が13年連続で減少していることが明らかとなった。生成AIをはじめとするAIの進歩が、危機を悪化させているという。by Tate Ryan-Mosley2023.10.6
  6. An inside look at Congress’s first AI regulation forum
    マスク、ゲイツが参加した密室AI会議で何が語られたのか?
    米国連邦議会初の「AIインサイト・フォーラム」が先月開催された。AI企業のトップらが出席した会議の内容は非公開だが、出席者の1人から当日の様子について話を聞くことができた。 by Tate Ryan-Mosley2023.10.4
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る