KADOKAWA Technology Review
×

人工知能(AI) 2023年11月の記事

  1. What’s next for OpenAI
    アルトマン解任→復帰、オープンAI「激動の4日間」が残したもの
    11月17日のサム・アルトマンCEOの電撃解任に始まったOpenAIの内紛は、紆余曲折を経てアルトマンのCEO復帰という形で決着を迎えた。17日からの4日間の経緯と業界に与えた影響を説明する。by Melissa Heikkilä2023.11.24
  2. 汎用人工知能(AGI)とは何か? ディープマインドが定義を提案
    汎用人工知能(AGI)という言葉は、明確な定義がなく、テクノロジー界で論争の的になっている概念の1つだ。グーグル・ディープマインドの研究チームは、それを解決しようとしている。by Will Douglas Heaven2023.11.23
  3. 文章・画像生成AIモデルは基本的に、暴力やヌードなどの有害な画像を生成しないようにポリシーで定められている。だが、「スニーキープロンプト」と呼ばれる新たな脱獄手法で、これらのモデルが生成しないはずの画像を作れることが実証された。 by Rhiannon Williams2023.11.21
  4. 「AIは今、転換期にある」フェイ・フェイ・リーが語る課題
    スタンフォード大学「人間中心のAI研究所」の共同所長を務めるフェイ・フェイ・リーが、AIがもたらす人類滅亡のリスクやAI界における権力の集中など、この分野の困難な問題について自身の考えを語った。 by Melissa Heikkilä2023.11.20
  5. 異常気象を速く正確に ディープマインドの気象予報AIが新成果
    ディープマインドが開発した気象予報AIモデルが、従来の予報モデルの性能を上回ったとする研究結果が発表された。9月のノバスコシア州へのハリケーンの上陸を従来モデルよりも3日早く予測したという。by Melissa Heikkilä2023.11.17
  6. Behind Microsoft CEO Satya Nadella's push to get AI tools in developers' hands
    【独占】マイクロソフトサティア・ナデラCEO:生成AIで開発はこう変わる
    マイクロソフトのサティア・ナデラCEOは、開発者へのAIツール提供に注力している。本誌の独占インタビューで、開発者向けプラットフォームのシフトについての考えを語った。 by Mat Honan2023.11.17
  7. Noise-canceling headphones could let you pick and choose the sounds you want to hear
    「聞きたい音」を選べるノイズキャンセリング技術
    人間は騒がしい環境の中でも、特定の音を選んで聞き取ることができる。ニューラル・ネットワークを用いることで、それを可能にするシステムが開発された。by Rhiannon Williams2023.11.13
  8. Joy Buolamwini: “We’re giving AI companies a free pass”
    「AI企業にフリーパスを与えすぎている」ジョイ・ブオラムウィニ
    先駆的なAI研究と啓蒙活動で知られるジョイ・ブオラムウィニ博士が、現在のAIのもたらす危害を指摘し、思いがけずに活動家になるに至った経緯について語った。 by Melissa Heikkilä2023.11.10
  9. How Meta and AI companies recruited striking actors to train AI
    全米で脚本家や俳優がAIの使用についてのストライキに入っている中、メタなどのテック企業は俳優を時給150ドルで雇ってAI訓練用の映像を撮影していた。こうして取られたデータはいずれ、俳優業界全体に影響をおよぼすかもしれない。by Eileen Guo2023.11.6
  10. This new tool could give artists an edge over AI
    「ナイトシェード」はAI企業とアーティストの力関係を変えるか
    ネット上の作品を生成AIの訓練に勝手に利用する企業への反発が広がっている。画像に眼に見えない細工をしてAIモデルの誤作動を引き起こすツールは、企業とアーティストの力関係を変えられるかもしれない。 by Melissa Heikkilä2023.11.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る