KADOKAWA Technology Review
×
【今週水曜26日開催】1800人が参加した「生成AI」第3弾。イベント申込受付中!

生物工学/医療 2024年2月の記事

  1. The weird way Alabama's embryo ruling takes on artificial wombs
    「胚は子ども」米アラバマ州の衝撃判決、人工子宮研究にも影響か
    アラバマ州最高裁判所は、研究室の人工授精で作られた胚は子どもであるとの判決を下し、関係者に大きな衝撃を与えた。幹細胞から作られる人工子宮や人工胚など、開発中の将来の技術に影響を与える可能性がある。 by Antonio Regalado2024.2.28
  2. 紫トマト、光るペチュニア——家庭で育てる遺伝子組換え植物
    これまで遺伝子組み換え植物は主に農場向けに売られてきたが、最近では一般消費者の家庭菜園や園芸向けに直接販売されるようになった。記者も紫色のトマトと光るペチュニアを73ドルで購入してみた。 by Antonio Regalado2024.2.25
  3. 遺伝子編集臓器の研究で脳死下の身体が求められる理由
    異種間の臓器実験のために脳死状態の人の身体が求められている。遺伝子編集された異種の組織を使った、ヒトへの臓器移植の実験を始める企業や研究者が増えているからだ。by Antonio Regalado2024.2.12
  4. 欧米で麻しんの感染が拡大、下水は早期警戒に役立つか?
    欧米で麻しん(はしか)の感染が拡大している。ポリオ、新型コロナウイルス、エム痘などの追跡に使われた下水監視は早期警戒システムとして機能するだろうか。by Cassandra Willyard2024.2.7
  5. 新型コロナ後遺症の治療に光明、血中バイオマーカーにヒント
    新たな研究は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)後遺症(ロング・コビッド)の原因が、免疫系の特定の部分の異常にある可能性を示している。 by Cassandra Willyard2024.2.2
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る